キーワードが取れない時代の
SEOパフォーマンスモニタリングツール

Paddle SEO(パドルSEO)

お問い合わせ・デモアカウント発行

SEOのパフォーマンスを可視化
ボトルネックと伸びしろを発見

Google Big Query×Tableau×Google Search Consoleで実現するSEOモニタリング分析ツール

Paddle SEOはGoogle BigQuery/BIツールTableau/Google Search Consoleと連携し、流入キーワードやランディングページからSEO上の改善施策を導き出すSEOモニタリングツールです。

  • アクセス解析で「(not provided)」が増加し、Webサイトへの流入キーワードを把握することが困難になった。
  • 順位取得ツールで検索順位をモニタリングしていても、実際の検索流入に紐付けることができず深堀ができない。
  • GSCを使用してもレポートとしては活用できない。

これらのWEBマーケターの悩みを解決し、「成果に繋がるSEOのPDCA」をサポートします。


まずはじめに・・検索順位を上げることがSEOの目的ではない!本来の目的とは?

自然検索トラフィック経由のWEBサイトの収益を向上すること

自然検索トラフィック経由でのWEBサイトの収益向上を目指すSEOにおいて、重要な要素となるKPIは以下の4つです。

キーワード/上位表示LP/表示回数/検索順位とCTR
キーワード/上位表示LP/表示回数/検索順位とCTR

これらにより 「どのような検索意図を持ったユーザーが」「どのランディングページに」「どれだけ訪れるのか」が決まり、
「訪問数」×「CVR」=【CV】が生み出されます。

SEOに必要な4要素。代表的なツールで取得する際の課題点

既存のツールでのSEOのKPI取得には課題があり、マーケターを悩ませてきました。

Googleアナリティクス

Google Analytics

  • 流入前の「検索順位」や「表示回数/検索ボリューム」は確認できない。
  • 個別キーワードは確認できるが、部分一致などキーワードをグループ化した上での全体把握は困難
  • 「(not provided)」によりそもそものキーワードデータが取得できない。

GRC

順位取得ツール

  • 自分で意図して決めて登録したキーワードの順位しか取得できず、新たなキーワードに気づくことができない。
  • Googleの検索結果がパーソナライズされることにより、「検索順位」が持つ意味合いが薄くなってきている。
  • キーワード単位のデータとなるため、順位データと解析ツールの流入データの紐付けが困難

Googlesearchconsole

Google Search Console

  • 必要に応じた分析作業は可能だが、随時コンソール上での操作を行わないとならないため、モニタリングには不向き。
  • 表示可能期間は過去90日のみ。対前年比など長期間にわたる分析ができない。
  • データダウンロードはできるが、取得可能データ数は999行まで。
  • 個別クエリは確認できるが、部分一致などキーワードをグループ化した上での全体把握は困難。

これらの悩み、Paddle SEOが解決します!

利用開始以後の全期間のデータを蓄積。
各サイトの定義によりカテゴライズされたキーワードモニタリング。
WEB上のコンソールからアクセスし、日次更新データを閲覧可能。

SEOモニタリングツール「Paddle SEO」の特徴とは?


ダッシュボードサンプルレポート

  • 【キーワードカテゴリ別レポート】

    キーワードグループ別に、表示回数/クリック数/CTR/平均順位をモニタリング

  • 【検索クエリ別レポート】

    「順位が10位以下で表示回数の多いキーワード」を一括抽出

  • 【ページxクエリ掛合せレポート】

    ページ区分別のキーワードパフォーマンスも把握が可能。

  • 【キーワード順位分布レポート】

    カテゴリ別の順位分布も一目瞭然。

  • 【表示回数x順位散布図レポート】

    表示回数と順位を散布図でモニタリングすることで、「注力すべきキーワードカテゴリ」に着目。パフォーマンス推移も可視化できます。

  • 【ページ別順位xCTR 散布図レポート】

    順位毎のCTRのデータを確認することで、タイトル/ディスクリプションの改善によるCTR向上アクションの手の打ち所が分かります。


サーチコンソールデータ徹底活用!Paddle SEO でできること。


お客様の声・事例

投資対効果が見えづらかったSEO改善施策。Paddle SEOのダッシュボードを活用することで、PDCAが回るようになりました。(不動産系メディア)

プリンシプルのSEOコンサルティングでPaddle SEOの内容をレポートしてもらっているのですが、SEO内部改善施策を行ったページ単位でのパフォーマンスの改善がとても良くわかり、稟議を含めたシステム会社への改修依頼フローがスムーズに進み、PDCAが上手く回るようになりました。

ずっと悩みだった「(not provided)」の可視化により、SEOの効果検証ができるように。キーワードデータはリスティング広告にも活用。(スポーツ用品ECサイト)

数年前から増えてきた「(not provided)」によって、SEOの施策が流入に結びついているのかどうかが分からなくなっていましたが、サーチコンソールのデータをTableauで分析することで、データが可視化され、正しい投資を行うことができるようになりました。このデータは、リスティング広告運用においても非常に有用ものだと感じています。

これまで気づけなかったトレンドとシーズナリティが可視化され、商品展開にも検索ニーズを活用しました。(ブランド系ECサイト)

Paddle SEOにより、これまで気が付けなかったアパレルアイテムの季節トレンドも分析できるようになり、SEOだけに限らず商品展開にも活用しています。また、メディアに取り上げられたことによる反響など、これまで見えなかった要素にも気づくことができるようになり、マーケティング施策の幅が広がりました。

Paddle SEOにより、ポテンシャルワードの定期モニタリングをコンテンツマーケティングに活用。(メディアサイト)

これまでは、サーチコンソールのデータに随時キーワードフィルタを掛けてポテンシャルワードを探していたのですが、手間がかかる分、なかなか着手できませんでした。Paddle SEOを導入することで効率化され、定期運用フローができ、1記事あたりの流入獲得効率が改善しました。


キーワードが取れない時代の
SEOパフォーマンスモニタリングツール

Paddle SEO

お問い合わせ・デモアカウント発行

お問合せ・お申込みフォーム