GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)


Gaiq

GAIQとは?

日本国内でも圧倒的な導入数を誇る、高度なデジタル解析ツールであるGoogleアナリティクス。
GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)とはGoogle社が発行する、Googleアナリティクスという一ツールについての習熟度はもちろんのこと、デジタル分析の重要性や測定プランの策定方法なども含めた、デジタル解析全般に対する理解度について一定レベルに達していることを証明する資格です。

日本語では「Googleアナリティクス個人認定資格」と呼ばれます。

資格取得には、Google社がオンラインで提供している試験に合格する必要があります。

GAIQ

GAIQの特徴

GAIQの特徴としては、以下が挙げられます。デジタルマーケティングのコンサルタントとしては必須であり、社内のデジタルマーケティング担当者としても保有しておいた方がよい資格と考えられます。

1) IT業界大手Google社が証明する資格であること
2) そのため世界的な資格であること
3) 無料のテスト受験準備の資料がネット上でGoogle社から用意されていること
4) 受験費用もGoogle Partnerになればかからないこと
5) 18ヶ月で失効し、再取得にはテストを再受験して合格する必要があること

5番については、GAIQの仕組みがローンチされた2009年3月からずっと変わっていません。Googleアナリティクス自体の機能追加が活発に行われている中で、一昔前に資格取得した際の知識やスキルでは時代遅れになる――そのため、資格も定期的に更新するべきという基本的な考え方があるように思えます。

プリンシプル副社長の木田は、日本における初期のGAIQ取得者と思われます。GAIQ制度が開始されたのは2009年3月ですが、その直後の4月15日に初回取得して以降、2014年に現行制度に変わるまで合計3回更新をした、長期のGAIQホルダーと言えます。

Googletestingcenter

GAIQ受験準備

GAIQ受験準備は、Google社が提供する資料で勉強するのが基本です。
日本語、英語両方資料がありますが、内容が異なり、英語版の方が情報が充実しているので、英語版の資料で勉強するのが望ましいといえます。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)学習ガイド(日本語)

GAIQ受験準備に必要な一通りの情報が日本語で提供されています。

Analytics Academy(英語)

日本語の学習ガイドができるまでは、Analytics Academyが唯一の公式な学習教材でした。上記の学習ガイドからもリンクが貼られていますし、欧米の受験者はこちらの教材を用いて学習しているものと思われますので、英語がなんとかなる方はこちらも合わせて学習することをおすすめします。

教材の多くがビデオで提供されているのが特徴です。字幕付きにもできますし、早口なところは何回も再生できます。
また、コース自体は単元に分かれていますが、その終わりに数問の確認テストがあり、受験対策としても有効と思います。

Digital Analytics Fundamentals
デジタル解析全般と、Googleアナリティクス概要

Google Analytics Platform Principles
解析基盤としてのGoogleアナリティクスの仕組み

Ecommerce Analytics: From Data to Decisions
Googleアナリティクスのeコマーストラッキングの概要

Mobile App Analytics Fundamentals
モバイルアプリ解析の基礎

GAIQ受験

Google Partnersになると無料で受験できます。こちらのサイトから進み、パートナーになった上で、以下画像の赤枠をクリックすると試験が受験できます。受験後は青枠の通り、合否もこのページで発表されます。

プリンシプルのGAIQホルダー

プリンシプルには、データ解析、SEO、リスティング広告という3種類のサービスについてのコンサルタントがいますが、サービス種類を問わず全員がGAIQを保有しています。
GAIQ試験合格は、各コンサルタント自身による学習もありますが、新入社員向けには「プリンシプル大学」の名称で、体系的な教育を提供しています。

合格すると、認定証が入手できます。

認定証イメージ

→プリンシプルのGAIQホルダーを確認する

→私達と一緒に働きませんか?