BLOG ブログ

【くらべてみた】Facebook広告「モノが売れる」クリエイティブは?

Facebook/Instagram広告ってブランドの認知拡大のためのもので、モノを売るのには向かないでしょ?

いえいえ、それも今や昔。最近は、Facebook/Instagram広告も直接モノが売れる広告媒体になっていますよ、というお話。

最近よく見かける、リッチな表現のクリエイティブ

これまでのFacebook/Instagram広告(以下FB/IG広告)は画像や動画のみのクリエイティブが主流でしたが、その景色もすっかり様変わりしました。広告クリエイティブでは、まるでランディングページや商品一覧ページのような表現が可能になり、ますます広告の訴求力が高まっています。

商品の魅力が広告上で詳しく見られたり、いろいろな商品を並べられたりすると、ついクリックしちゃいますよね。私もそのクチです。最近は、FB/IG広告経由で買い物することも随分増えました。

自分のFB/IG広告でも、あんなふうにやってみたいなー、でも手間は?効果は?そんなお悩みを抱えているWeb広告ご担当者様に代わり、2つの広告クリエイティブを試して、パフォーマンスを比較してみましたので、ぜひご一読ください。

あの広告クリエイティブの名称は?

FB/IG広告のクリエイティブは、大きく分けて3種類あります。

  • 1件の画像または動画:従来型。1枚の画像 or 動画 + テキスト
  • カルーセル:スクロール可能な2件以上の画像 or 動画 + テキスト
  • コレクション:スマホのフルスクリーンで表示可能なアイテム一覧

さらにこれに加え、ユーザーが広告でアクションを実行したときに開く、スマホに最適なフルスクリーンのLPを作成できる「インスタントエクスペリエンス」(サンプルは下記動画参照)など、広告クリエイティブは近年目覚ましい進化を遂げています。

そこで、比べてみました、コレクション vs. カルーセル。

最近頻繁に目にするの商品一覧付きの「コレクション」。まるでECサイトの商品一覧ページのような見た目ですので、「お、この商品良いな」と思うと、つい最後までスクロールしてしまいます。さらには「もっといいのないかな」と、サイトリンクをタップしてしまう魅惑のクリエイティブです。

そしてもう一つ忘れてはならないもの、それは「カルーセル」です。

FB/IG広告では比較的老舗のクリエイティブで、商品画像がカードのように並んでおり、それを横へスクロールすると、次々とカードが表示される、という形式のものです。

ではこれら「コレクション」「カルーセル」、一体どちらがECサイトにとってパフォーマンスを最大化できる配信フォーマットなのでしょう?実際配信して競ってみました!

比較条件

まず、2つのクリエイティブの要件です。表示する内容や入札戦略によって差が生じないよう、同一条件としています。

  • コレクション、カルーセル共に、掲載商品は同じものを8点。
  • カルーセルの1枚目とコレクションのカバー動画は同じ動画を使用。
  • コレクション、カルーセルの商品画像は白バック。
  • 課金はインプレッション課金。
  • ユーザー軸での結果を比較するため、計測するクリックは「ユニークアウトバウンド」(FacebookやInstagram外へのリンククリック。つまり、掲載商品のサイト内商品詳細ページなどのクリック)を利用。

公正を期すため、これら2つのクリエイティブを同じ広告セット(※)で作成しました。
※ターゲティングを同じくする広告の集まり。Google広告やYahoo広告で言うところの広告グループ

運命の瞬間…結果発表!

これらを一定の広告費で運用した結果がこちら!
※データは広告管理画面ベース

  コレクション カルーセル
全リーチに占める割合 73% 27%
全インプレッションに占める割合 71% 29%
フリークエンシー 1.68 1.83
ユニークアウトバウンドCTR 1.46% 1.27%
アウトバウンドCPC ¥39 ¥69
全購入数に占める割合 62% 38%
CVR 7.2% 13.4%
CPA ¥515 ¥357
購入ROAS 1622% 1523%
  • CTR(クリック率)、CPC(クリック単価)は、コレクションに軍配が上がりました。
  • 一方、CVR(購入率)はカルーセルが遥かに上。結果的にCPA(購入獲得単価)はカルーセルが勝利。
  • しかし、ROAS(費用対効果=購入金額÷広告費)は、コレクションが勝利。
  • Facebook広告は、目標に対して(ECサイトですのでROASがKPIです)より良い広告が配信されやすくなるため、リーチはコレクションに偏りました。

ここからわかること。

この結果から、ユーザーはそれぞれこんなふうに考えているのでは?ということと、各広告にマッチした商材が下記のように推測されます。

いかがでしょうか?ブランディングが主流だったFB/IG広告も、今やすっかりモノを売るための広告媒体となりつつあります。

ただ、ここで注意いただきたいのは、期待するパフォーマンスをしっかり出すには、広告の機械学習による最適化が絶対に必要、ということ。そのためには、ユーザーの振る舞いを正しく機械学習に届けることが何よりも重要です。

ここで言う「ユーザーの振る舞い」とは、

  • 広告経由でどの商品を閲覧したか?
  • どの商品をカートに入れたか?
  • どの商品を購入したか?

など。これらの計測を行うには、動的な値=購入金額や購入商品などの購入情報を含んだFacebookピクセルタグの実装が必須です。動的な情報を含めるには、システム側の対応や高度なタグマネジメントが必要になります。

正直、この動的なピクセルタグを正確に設置するのはかなりハードルが高いです。しかしだからこそ、広告媒体が要求するタグマネジメントを施すことで、1枚も2枚も上手(うわて)の広告配信、パフォーマンスの実現が可能になるのです。

おまけ:どちらの広告フォーマットがマッチしているかわからない場合は?

「自分のサイトの商材が、カルーセル、コレクションどちらにマッチしているのかわからない。」「どんな商品がユーザーに受けるのかわからない」。

そんなときは、ダイナミックフォーマットの利用がおすすめです。

ダイナミックフォーマットとは?

  • 画像、動画、説明文など複数のクリエイティブから個々のユーザーの「反応しやすい」フォーマットとクリエイティブを組み合わせを自動で複数フォーマットの広告を作成する機能。
  • できるだけ様々な画像や動画、広告テキストを用意し、掲載する商品も多数用意することで、より最適化が進みます。

さらには、数枚の静止画像からスライドショウを作成できる機能もあり、多額な制作費をかけずとも、工夫次第で広告の訴求力はグングン伸ばすことが可能です

 ←ダイナミックフォーマットの設定

また、ユーザーによって好みの商品は異なります。それにこたえるため、商品フィード(※)を用意しFacebookへ登録することで、個々のユーザーの好みに合わせた商品を自動的に組み合わせます。
※ 掲載したい商品情報をFacebook指定のフォーマットでデータ化したファイル

でも、タグや商品フィードって難しいんでしょ?

はい、正直、結構難しいです。タグ設置には、JaveScriptの専門的な知識、商品フィードには、広告媒体に適した最適化の知識が必要になります。

現在、商品フィードは、既存商品データを取りまとめることから進化し、最適化を行うことでパフォーマンスが大きく変化します。フィードについての詳細は、弊社のデータ解析エンジニアが詳細な記事を執筆していますので、ぜひご一読ください!実は長年商品フィードを触れている私も、改めて知識を整理できた良記事です(手前味噌)。

» ビジネス成長に寄与するデータフィード活用のすすめ

デジタルマーケティング戦略、Web解析、SEO、リスティング広告、Facebook広告、Linkedin広告、Tableauでのデータビジュアライズなどなど、何か弊社でお役に立てそうなことがございましたら、こちらよりお気軽にご相談ください。ご相談は無料で承っております。

プリンシプルでは業界最高レベルの専門家として一緒にご活躍いただける方を募集しています。詳しくは採用情報のページをご覧ください。

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 ダウンロード資料一覧

TOP