Google広告 計測(コンバージョン)タグのメリット

Google広告における計測(コンバージョン)タグとは、Google広告管理画面上において、配信した広告の成果を計測するタグのことです。広告効果の分析が可能になるため、Google広告の運用する際においてはいわば必須となる重要なタグといえます。

コンバージョンタグを設置することによって、Google広告を運用するにあたり以下のようなメリットが生じます。

  • 自動入札機能の導入が可能になる
  • 費用対効果が明確化する
  • GA4による計測データの不備を発見しやすくなる

自動入札機能の導入が可能になる

コンバージョン値、数による自動入札のことを「スマート自動入札戦略」と呼びます。コンバージョンタグを設置しデータ(履歴)を残すことによってこの自動入札が可能になり、Googleの機械学習機能を存分に活用できるようになります。

当該パフォーマンス向上の観点からもコンバージョンタグの設置は不可欠といえます。

費用対効果が明確化する

総資産利益率の略称となるROAS(Return On Advertising Spend)やROI(Return On Investoment)を図るうえで、コンバージョン数・コンバージョン値の合計という指標を正確に計測しておくことは不可欠です。

当該ビジネス上の観点からもコンバージョンタグの設置は不可欠といえます。

GA4による計測データの不備を発見しやすくなる

GA4上においてコンバージョンを計測していたとしても、当該数値が正確な値か・正しい条件で発火しているか等、自然に気づくことは難しいといえます。ここでコンバージョンタグを設置しGoogle広告上で計測しておけば、2つのデータを比較することでデータの不備を確認しやすくなります。

一般的な広告用のレポートにおいては、GACV数・媒体CV数(Google広告上のCV数)のように2つの指標を用いて記載することが多いです。当該レポーティング上の観点からもコンバージョンタグの設置は不可欠といえます。

Google広告 計測(コンバージョン)タグの種類

Google広告のコンバージョンタグには「グローバルサイトタグ」「イベントスニペット」の2種類があります。ここからは、それぞれの特徴・発火する順序等を説明していきます。

グローバルサイトタグ

グローバルサイトタグは、コンバージョン計測の基本となるタグです。グローバルサイトタグを設置することで、以下のような情報が計測できるようになります。

  • サイトに訪れたユーザー属性
  • ユーザーがクリックした広告の情報

この情報と、以下で説明するイベントスニペットで計測した情報を組み合わせることで、正確なコンバージョン計測が可能になるのです。

グローバルサイトタグは、効果を計測したいWebサイトのすべてのページに設置する必要があります。また、設置したグローバルサイトタグは、ユーザーが広告経由でWebサイトにアクセスした際に作動します。

イベントスニペット

イベントスニペットは、名前の通り「イベント(コンバージョン)」を計測するためのタグです。

コンバージョンページにイベントスニペットを設置することで、「どの広告経由でユーザーがコンバージョンしたか」という情報が計測できるようになります。

  • 日付・時間帯
  • ユーザー属性
  • リファラー情報(どの広告を経由したか)

イベントスニペットは、コンバージョンページの<head>内(グローバルサイトタグの下)に設置します。

グローバルサイトタグが発火した後(ユーザーが広告経由でWebサイトにアクセスした後)、コンバージョンアクション(商品購入や申し込みなど)を起こしたタイミングで、イベントスニペットが発火します。

計測(コンバージョン)タグの設置方法

計測(コンバージョン)タグの設置方法には以下の2種類があります。

  • Googleタグマネージャーを用いた設置
  • 直接記述する形でのコンバージョンタグの設置

基本的には「GTMでのコンバージョンタグ取得・設置」がおすすめです。というのも、Googleタグマネージャー(GTM)でコンバージョンタグを取得・設置すると、「ページのHTMLを直接編集することなくタグを追加できること」や「複数サイトを運営している場合、一元管理できること」などのメリットがあるためです。

タグマネージャーを用いたGoogle広告計測(コンバージョン)タグの設置方法については、「GTM|Google広告タグの設置、コンバージョントラッキングについて」で解説しています。併せてご覧ください。

お気軽にご質問、ご相談ください

関連タグ

S.Nakamura

SEOコンサルタント。インターン生から新卒社員となり、大手スポーツメーカや電機メーカーのサイト改善を実施。「クライエントとの誠実なコミュニケーション」をモットーにコンサルティングを行う。

関連資料

Web広告コンバージョンリフトテストを利用して、広告費のリターンを正しく計測する

公開日:2021年01月

コンバージョンリフトテストを利用して、広告費のリターンを正しく計測する

DX-可視化マーケティング全体の指標を改善できる確かな戦略とPDCAサイクルを可能にするBIダッシュボード型広告運用紹介

公開日:2021年02月

マーケティング全体の指標を改善できる確かな戦略とPDCAサイクルを可能にするBIダッシュボード型広告運用紹介

Web広告Facebook&Instagram広告で認知を広げつつターゲット像と訴求軸を明確化する!テストマーケティングのススメとケーススタディ

公開日:2021年02月

Facebook&Instagram広告で認知を広げつつターゲット像と訴求軸を明確化する!テストマーケティングのススメとケーススタディ

関連ブログ