GTM上で設置必須のGoogle広告タグ2種

GTM上において、Google広告を運用する上で必要なタグには、

  • コンバージョンリンカー
  • Google 広告のコンバージョントラッキング

の2種類があります。

以下ではこれらの特徴や設置手順を簡単に紹介します。

コンバージョンリンカー

コンバージョンの計測は、閲覧したブラウザにCookieを付与することで行います。

コンバージョンリンカーはAppleの製品に導入されているセキュリティ対策「ITP(Intelligent Tracking Prevention)」に対応するために不可欠です。ITPが導入されてから、Apple製品ではコンバージョンの測定ができなくなりました。しかし、コンバーションリンカーを設定することで測定可能になります。

また、コンバージョンリンカーはCookieの種類を変えることもできます。コンバージョンリンカーを使って、サードパーティCookieをファーストパーティCookieに書き換え、測定可能な状態にすることでITPを用いたApple製品に導入されているSafaliといったブラウザにおいてもトラッキングを可能としています。

したがって、ITPに対応する形でトラッキングを行うために必要不可欠なタグといえます。

GTM設置方法(コンバージョンリンカー)

  1. Googleタグマネージャーの管理画面にログインする
  2. 画面左側にある「タグ」の項目をクリックする
  3. 「新規」ボタンをクリックする
  4. コンバージョンタグタイプの選択画面で「コンバージョンリンカー」を選択する
  5. 「トリガーを選択してこのタグを配信」をクリックする
  6. 「Initialization – Allpages」を選択する
  7. 最後に「保存」ボタンをクリックする

Google 広告のコンバージョントラッキング

前記事「Google広告|計測(コンバージョン)タグとは?設置方法についても解説」にて解説した通り、Google広告においてCVを計測するには、グローバルサイトタグ及びイベントスニペットをソースコード上に張り付ける必要がありました。

しかし、「必要なページ群に一括で張り付けるにはどこに記述をすればよいのか」「本当にこのコードで間違いないか」等、なにかと不都合が多いという問題があります。そこでGTMにてコンバージョントラッキングの設定を済ませられるように創出されたのが、「Google広告のコンバージョントラッキング」というタグになります。

GTM設置方法(Google 広告のコンバージョントラッキング)

  1. Google広告を開く
  2. Google広告のコンバージョン設定
  3. +ボタンで新規作成
  4. コンバージョンの測定
  5. カテゴリを設定
  6. コンバージョン名を付ける
  7. 測定の設定
  8. 計測の詳細設定
  9. Googleタグマネージャー使用を選択
  10. コンバージョンID、コンバージョンラベルを出す
  11. Google Tag Managerを開く
  12. タグの設定から、「Google 広告のコンバージョントラッキング」を選択
  13. コンバージョンID及びコンバージョンラベルを入力する
  14. 「トリガーを選択してこのタグを配信」をクリックする
  15. 「Allpages」を選択する
  16. 最後に「保存」ボタンをクリックする

お気軽にご質問、ご相談ください

関連タグ

S.Nakamura

SEOコンサルタント。インターン生から新卒社員となり、大手スポーツメーカや電機メーカーのサイト改善を実施。「クライエントとの誠実なコミュニケーション」をモットーにコンサルティングを行う。

関連資料

Web広告コンバージョンリフトテストを利用して、広告費のリターンを正しく計測する

公開日:2021年01月

コンバージョンリフトテストを利用して、広告費のリターンを正しく計測する

DX-可視化マーケティング全体の指標を改善できる確かな戦略とPDCAサイクルを可能にするBIダッシュボード型広告運用紹介

公開日:2021年02月

マーケティング全体の指標を改善できる確かな戦略とPDCAサイクルを可能にするBIダッシュボード型広告運用紹介

Web解析定量調査と定性調査で コンバージョンを最大化させる施策を探る! ハイブリッド診断とは?

公開日:2021年02月

定量調査と定性調査で コンバージョンを最大化させる施策を探る! ハイブリッド診断とは?

関連ブログ