プリンシプルは2021年夏頃から本格的に、自社コーポレートサイトの計測ツールを従来版のGoogleアナリティクスから、最新のGoogleアナリティクス4(以下GA4)に移行しました。レポーティングや施策検証の実践を通して蓄積した活用ノウハウを、連載でお届けします!

すでにGA4を導入した企業の担当者から多く寄せられる悩みは、「旧バージョンとの違いが大きく活用が難しい」ということです。そこで、みなさまのGA4活用のはじめの一歩の参考にしていただけるように、弊社でのGA4移行時のリアルな試行錯誤を、解決方法と併せて紹介していきます。

連載「GA4への移行リアルストーリー」 目次

GA4導入したらエンゲージメント率がほぼ100%…?

弊社がGA4を導入してまず最初につまづいたのは、GA4で主要指標として登場したエンゲージメント系指標の「異常値」です。具体的には、エンゲージメント率が100%となってしまいました。

エンゲージメント率が100%となっていた原因
「エンゲージメントセッション」がセッションとほぼ同数だった

※エンゲージメントセッション:ウェブサイトやアプリ来訪後に一定以上の行動(詳しくは後述)を達成したセッション

つまり、エンゲージメントセッション計測の設定が適切ではなかったために異常値が出ていたのです。

補足ですが、GA4では、ユニバーサルアナリティクス(以下、「UA」)でよく見られていた直帰率や滞在時間といった指標が無くなりました。かわりに登場したのがエンゲージメント系の指標です。

GA4では標準レポート群で、このエンゲージメント系指標が半分以上を占めています。上記レポートにも「エンゲージメント率」のほか、「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」、「エンゲージのあった平均セッション数」などが並んでいます。

だからこそ、エンゲージメント系指標の計算に使用される「エンゲージのあったセッション」が「自社にとって適切な数値が取れるようにしておく」ことがとても重要なのです。

そもそもエンゲージメントってなに?

エンゲージメントとは、WEBサイトやアプリ内で行われた、ページの閲覧やスクロール等のユーザーインタラクションのことです。

GA4の登場以前からSNSマーケティングの場でよく使われる言葉ですね。SNSでは投稿へのいいね!やリツイート等の好ましい行動を「エンゲージメント」と定義しています。

GA4でも同様に「自社メディアに対してユーザーが好ましい行動を取ったか?」をエンゲージメントと採用しています。具体的には以下のいずれかに該当するものをエンゲージメントセッションとして計測しています。

  • WEBサイトまたはアプリを開き10秒以上継続してアクセス
  • 1回以上のコンバージョンイベントが発生
  • 2回以上PV数をカウント

UAの場合、1ページだけ見てその後何もアクションを起こさないままセッションがタイムアウトした場合を直帰とみなしていました。それに比べGA4の方が、コンバージョンイベントの発生や滞在秒数などの条件が増えていることが分かります。

では、どのようにすればエンゲージメントセッションを適切に測定できるのでしょうか?

解決策:コンバージョンイベントを適切に設定する

前述のとおり、GA4では「エンゲージメントのあったセッション」の条件として「1回以上のコンバージョンイベントが発生」があります。コンバージョンイベントの設定は、[設定] > [コンバージョン] から可能です。

これはUAの [目標] に替わる機能で、この一覧画面で [コンバージョンとしてマークを付ける] のスライダーのオンオフでコンバージョンイベントとするかどうかを変更することができます。

弊社事例:コンバージョンイベント設定では、session_startには要注意!

実は、弊社ではGA4導入時に、セッション開始時に自動で発火する「session_startイベント」がコンバージョンイベントとして設定されていました。そのため、すべてのセッションでコンバージョンイベント(セッション開始)が発生することになるので、エンゲージメント率100%という異常値が発生してしまっていました。

通常、あえて設定しないかぎりsession_startイベントはコンバージョンイベントとしてONになりません。しかし以下の条件をどちらも満たすと、session_startイベントのコンバージョン設定が自動でオンになってしまい、オフにすることができなくなってしまいます。

  • 条件① アプリのデータストリームが存在
  • 条件② Google広告アカウントのリンク時に、 [パーソナライズド広告を有効化] にチェックを入れている

弊社の導入事例では、使用していないアプリのデータストリームを削除(条件①を解消)し、session_startイベントのコンバージョン設定をオフにすることで、無事エンゲージメント率が正常に取得できるようになりました。

session_startイベントが意図せずエンゲージメントの条件となってしまっていたという失敗はよくあるケースではないかもしれません。しかし、エンゲージメントは直帰以外にコンバージョンイベントの発生でもカウントされるということを意識し、慎重にコンバージョンイベントの設定を行う必要があります。

まとめ

今回はGA4のエンゲージメントについて、弊社の試行錯誤を紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

UAには存在しない指標なので馴染みがなく扱いにくい印象を持たれている方もいらっしゃると思いますが、慣れてしまえば、今までの直帰率の代わりとしてもフル活用できる指標です。この機会に自社のエンゲージメント系指標とじっくり向き合ってみることをおすすめします。

次回は「探索?データポータル?レポーティングはどうする?」をお届けします。それでは次回をお楽しみに!

◆ウェビナー「GA4で差をつける!推奨イベントの取得からTableauダッシュボードによるモニタリングまで」を開催しました。

『1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本』の筆者である弊社チーフエヴァンジェリスト木田和廣と、チーフテクノロジーマネージャー山田良太がGA4活用情報をお届けするウェビナーを2021/11/10(水)に開催いたしました。ウェビナーの内容は以下サイトから閲覧できます。

▼資料・動画をダウンロード
「GA4で差をつける!推奨イベントの取得からTableauダッシュボードによるモニタリングまで」
https://vbout.principle-c.com/21147/1110_ga4-tableau_webinar/

お気軽にご質問、ご相談ください

関連タグ

Ray

2017年にDMM.comに入社し、Google アナリティクスをはじめとしたGoogle製品の社内統括と設計に従事。元Google アナリティクス公式エキスパート。

ブログ