Google Analytics


Ga

Google Analyticsとは

Google社が提供しているデジタル解析ツール、それがGA(Googleアナリティクス)です。

一昔前までは、Webサイトへのユーザーの訪問手段やサイト利用状況を解析するいわゆるアクセス解析ツールでしたが、最新版のユニバーサルアナリ ティクスでは、メジャメントプロトコルと呼ばれる、より汎用性の高い測定方法をサポートするよう進化し、スマートフォンアプリや、やり方によっては O2O、IoTまで解析できる強力なプラットフォームとなっています。

GA

Googleアナリティクスのメリットとしては

  • 1. 無料版でも非常に高度な分析機能を使用できる
  • 2. 導入サイトにGoogleアナリティクスに関する広告がでない
  • 3. 導入は「アカウント作成」と「タグのサイトへの埋め込み」の2ステップのみ

という点が挙げられます。サイト改善のヒントやビジネス上の重要な情報を、非常に手軽に得ることができるため、法人サイトだけでなく個人サイトやコミュニティサイトなどにも大変多く導入されています。

Googleアナリティクスをよりプラクティカルに使いこなすために

通常の設定でも高度なアクセス解析ができるGoogleアナリティクスですが、例えば下記のような設定でさらに実用的な情報を取得することができます。

(A)twitterやFacebook、LINEなどSNSを使って集客をしている場合
…キャンペーントラッキングの整備

投稿記事に貼り付けるURLに「utm_source」等のパラメーターを付与します。
SNSでは表示が動的に変化するため、ユーザーがどの記事からサイトに訪問したか判断することは困難ですが、このパラメーターをきちんと整備することにより、そういった情報が非常にわかりやすくなります。

(B)ECサイトにGoogleアナリティクスを導入している場合
…拡張eコマースの設定

ecom

ECサイトではサイト内のいたるところに同じ商品ページのリンクが貼られていますが、拡張eコマースの設定により、どのエリアから該当商品の商品ページに遷移し購入に至ったかという情報を取得することができます。

(C)バナーやポップアップの効果検証をしたい場合
…ABテスト機能

test

ABテスト機能を使用することにより、複数種類のバナーのうちどれが一番クリックされたか検証することができます。

どのような分析をすればいいかわからない時には

このように、Googleアナリティクスは非常に高度な分析機能を備えていますが、Googleアナリティクスを使いこなすにあたって一番大切なのは「どのような指標を取得すれば有益な情報を導き出せるか」を決めることです。

もし、それらを判断することが困難と感じた場合は、「GAIQ」を取得しているアナリストや「GACP」 を取得しているコンサルタント会社に相談することをおすすめします。
Googleに認定された、高いレベルの解析アドバイスやGoogleアナリティクス のカスタマイズで、アクションに繋がる、有益な知見をGoogleアナリティクスのデータから導き出してくれるでしょう。