BLOG ブログ

PPC

下書きとテスト機能を使用しての入札戦略移行

概要

ウェブ広告を運用する上で、成果の向上は言わずもがな誰しもが目指すことでしょう。そのためには様々な変更を加え、どういった戦略がベストかを検討していくことが大事です。しかしながら大きな変更、例えば入札戦略を新たに切り替えるといったものには、ときに及び腰になってしまいますよね。

このブログでは、そういった状況にこそGoogle広告の下書きとテスト機能が有効活用できるという内容を、筆者の経験談とともにご紹介したいと思います。

下書きとテスト機能とは?

まずは下書きとテスト機能をご存知でない方のために、簡単にこちらをご紹介いたします。厳密に言うと「キャンペーンの下書きとテスト」という機能であり、「キャンペーンの下書き」と「キャンペーンのテスト」の2つに分かれます。

まず下書き機能とは、現存するキャンペーンのコピーを下書きとして作成し、様々な変更を加えられるといったものです。その後、もとのキャンペーンに上書きすることで変更を適用することが出来ますが、これだけでは下書きを作成せずにキャンペーンにそのまま変更を加えたことと何も変わりません。したがって、下書きの意義はテストを行うことで初めて生まれてきます。

テスト機能ではもとのキャンペーンと、下書きとして作成したキャンペーンを予算の比率を設定して同時に配信できるといったものです。例えば、もととなるキャンペーンの日予算を50,000円として配信していた場合、下書きとの比率を5:5としてテスト運用することにより、それぞれ25,000円ずつ日予算を割り振って効果を測定することができます。別の言い方をしますと、Google広告のキャンペーンに対してABテストを同期間に行うことが出来る機能ということです。この機能を使用することにより、変更したBパターンの成果が良好だった場合はそちらを元に適用し、成果が良くなかった際はAパターンをキープし、新たな施策を練るといったことが可能になります。

下書きとテスト機能を使用して行ったこと

今回筆者がこの機能を使用して行ったことは、運用するアカウントの1キャンペーンに対し、入札戦略を拡張クリック単価から目標コンバージョン単価に切り替えるための事前成果調査でした。どういった手順で行ったのかをご紹介します。

初めに左メニューの最下にある「下書きとテスト」をクリックし、⊕をクリックして下書きを作成します。「キャンペーンを選択してください」と表記されているところをクリックし対象のキャンペーンを選択、その後名前をつけて保存します。今回は「目標CPAの下書き」と名付けました。

下書きとテスト機能を使用しての入札戦略移行

作成が完了した時点で、中央上部に「すべてのキャンペーン > 下書き > 目標CPAの下書き」と表示された下書きの広告グループ一覧画面に移行します。ここで通常のキャンペーンに設定を行うのと同じ方法で変更を加えることができます。今回行ったのは設定の項目から変更が可能な入札単価を目標コンバージョンに設定することでした。

設定が完了したら、中央上部に「目標CPAの下書き」と表示されている画面からもう一度、「下書きとテスト」をクリックします。

下書きとテスト機能を使用しての入札戦略移行

するとこの下書きに対してのテスト設定画面に移行するので、⊕をクリックして新たなテストが作成できます。作成時に入力できる項目は6つで、

  1. 名前
  2. 説明文(任意)
  3. 開始日
  4. 終了日
  5. テストへの分配比率
  6. テストへの分配比率のオプション(詳細設定の下)

があります。「テストへの分配比率のオプション」では、元のキャンペーン設定で広告を出すか、テストで変更した設定で出すかをランダムに選択する際の基準を検索ベースにするか、Cookieベースにするかを選ぶことができます。今回はテスト名を「目標CPAのテスト」、終了日を1か月後、テストへの分配比率を20%、分配比率オプションを検索ベースでテストを開始しました。なお、Cookieベースの分割を選択すると、同一ブラウザからの検索は全て同じパターンに割り振られるようになります。

テスト中は「すべてのキャンペーン」から「キャンペーン」を選択することにより、元のキャンペーンと一緒にテスト中のキャンペーンの成果が伺えます。テストにはフラスコのアイコンが割り当てられます。

下書きとテスト機能を使用しての入札戦略移行

テスト開始当初は、目標コンバージョン単価に設定した直後に起こりやすいCPAの荒れが目立ちましたが、予算比率(分配比率)を20%に抑えていたため、アカウント全体で見るとそこまで大きな影響を受けませんでした。2週間半ほど経過したのちに、テストキャンペーンのほうが明らかに成果が出始めたので、終了日前ではありましたがテストを元のキャンペーンに上書きする準備が整ったと判断しました。

テストの画面から「適用」をクリックします。ここで「元のキャンペーンを更新する」か、「新しいキャンペーンに切り替える」が選択できます。今回は元のキャンペーンに上書きする形で進めました。

下書きとテスト機能を使用しての入札戦略移行

テストキャンペーンが期間中に取得したコンバージョン数や表示回数といったデータは、下書きの方に記録が残ります。テスト期間中に自動学習で最適化されていたものがそのまま適用されるので、学習し直しということもなく、スムーズに入札戦略を切り替えることに成功しました。

下書きとテスト機能の注意点

最後に、下書きとテスト機能を使用するにあたっての注意点です。非常に便利な機能ですが、残念ながら検索とディスプレイのキャンペーンに限られています。動画、アプリ、ショッピングのキャンペーンでは機能自体が使用できません。

次に、今回この機能を使用して分かったことですが、分配比率を設定してテストを開始した際に後から変更することは出来ません。筆者は当初、分配比率を50%で割り振ってテストを開始しました。しかしながら、目標コンバージョン単価で設定したテストのCPAの荒れが目立ち、予算配分をし直そうと試みたところ、変更することが出来ないことが分かりました。まだテストを開始して2日でしたのでテストを停止し、新たに20%に設定し直した上で再度開始することで対処しました。

その他の注意点としては、キャンペーンで見れるレポートや分析のいくつかは下書きとテスト機能では使えないということです。以下、Google広告ヘルプからの抜粋です。

下書きに使用できない機能とレポート

  1. 広告のスケジュール レポート
  2. カテゴリ&検索語句
  3. オークション分析
  4. ディスプレイ プレースメント レポート
  5. メール配信スケジュール レポート
  6. 入札単価状況
  7. 「ターゲット キャンペーン」や「ターゲット広告グループ」を使った広告カスタマイザ
  8. キーワード診断
  9. 一部の自動入札戦略:
    1. 検索ページの目標掲載位置
    2. 目標優位表示シェア

テストでサポートされていない機能

  1. 「ターゲット キャンペーン」や「ターゲット広告グループ」を使った広告カスタマイザ
  2. 一部の自動入札戦略:
    1. 検索ページの目標掲載位置
    2. 目標優位表示シェア

まとめ

下書きとテスト機能は、今回のように目標コンバージョン単価に入札戦略を変更するといった際に非常に役に立つ機能です。その他にもキャンペーン単位で変更を加え、ABテストを行う際には是非使用してみてください。

池田将樹

アイダホ大学大学院卒。Ad Tehnical スペシャリスト。GAIQ、Adwords認定資格所持。

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP