海外マーケティング


2016.10.14

IDC調査:世界ビッグデータ市場は2020年に20兆円規模に。日本は世界の約1.5%

20161014_kusuyama


今週はIDCが2016年10月に発表した世界のビッグデータ市場について記載します。
世界的な調査会社であるIDCが2016年10月3日に発表した内容によると、世界のビッグデータ市場は2020年に2030億ドル(約20兆円)となる見込みで年平均11.7%の2桁成長が続くとの予想をしています。
IDCJapanが2016年6月に発表した日本国内の2020年のビッグデータ市場予想額が2889億円となっており、この数字を全世界の市場規模と比べると、日本のシェアは世界全体の約1.5%となります。

なお、本記事はIDC社からのプレスリリースおよび下記記事を一部翻訳引用しております。
http://www.techrepublic.com/article/big-data-business-analytics-to-hit-203-billion-by-2020-says-idc-report/

20161014_k_01

画像引用:https://en.wikipedia.org/wiki/International_Data_Corporation

1:データ需要は高まり2桁成長が続く

IDCによると、ビッグデータ(BDA:Big Data Analytics)市場は2016年に過去最高の1300億ドル(約13兆円)となる見通しです。さらに2020年までに2030億ドル(約20兆円)に達し、年平均で11.7%の2桁成長が続くとの予想です。

IDCのDan Vesset氏はレポートの中で、継続的な成長の背景に下記があると述べています。

  • 1:IoTなどあらゆるものからデータ取得できる環境整備
  • 2:データを処理する技術革新
  • 3:データドリブン(データを根拠とした)な意思決定などの動き

20161014_k_02

画像引用:http://www.thehindubusinessline.com/info-tech/big-data-market-to-be-worth-486-billion-in-2019-idc/article7864378.ece

2:金融と主要5業種が市場を牽引

レポートの中では、ビッグデータの市場をけん引する産業についても述べられています。
金融業(銀行・証券)が市場のほぼ50%、また食品・医療などの製造業、自動車、電機などの製造業、連邦/中央政府、およびプロフェッショナルサービスが5つのメインの産業として2020年まで市場の成長を牽引していくそうです。

特に金融業のビッグデータへの投資は、リスク管理、不正防止やコンプライアンス関連の活動などを中心に2016年には170億ドル(約1.7兆円)に達し、今後も急速に投資を増やしていくと予想しています。また今回の調査した18業種のうち、16業種のおいて、2020年にまでに2桁以上の成長が見込まれると予想しています。

3:アメリカと500人以上の企業が市場を牽引

企業規模の面では、500以上の従業員を持つ大規模な組織が市場を牽引し、2020年には1540億ドルと全市場の約3/4を占める、と予想しています。一方で今後は中小企業のデータ活用も活発化してくることが予想されています。
また国別という観点では米国企業が2020年には950億ドルと、世界のビッグデータ市場の約半分を占めることになりそうです。

4:サービス分野での成長が加速

市場規模が最も大きいカテゴリーは「関連サービス」のようです。2015~19年の大半で、ビッグデータ市場の半分以上を関連サービスが占めているようです。こちらにはコンサルティングなども含まれています。またソフトウェアへの投資も同様に高い成長が見込まれ、2020年に600億ドル、ハードウェアへの投資が同時に300億ドルとの予想です。

また技術面についてですが、Forrester Research社の最近の報告書では、ビッグデータの市場の広がりは、幅広い種類の膨大な量のデータを高速かつ動的に整理し分析することを可能にする、非リレーショナルな広域分散データベースシステムであるNoSQLデータベースの需要を喚起するとのことです。

5:日本国内は急速に拡大。2020年には約3000億円市場へ

国内では2015年ビッグデータテクノロジー/サービス市場規模は947億7,600万円、前年比32.3%増の高成長となっています。今後も新たなビジネスの基盤として活用が広がり、2020年までに市場規模は年間平均成長率25.0%で拡大した結果、2,889億円に達すると予測しています。仮にそうなった場合、世界全体の1.5%を占めるにとどまります。

20161014_k_03

グラフ出所:http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160613Apr.html


楠山健一郎

楠山健一郎

1996年国際基督教大学(ICU)卒業。シャープ株式会社で海外営業を経た後、2000年に当時まだ40名以下のベンチャー企業サイバーエージェントに入社、2001年トムソン・ロイターグループに入社し、「ロイターco.jp」をロイターのオンライン戦略の貴重な事業として急成長させる。株式会社オークファンの執行役員事業統括を勤めた後、株式会社プリンシプル社を設立。


> の記事一覧

20160912_kusuyama
2016.9.13

パランティアの企業価値は割高か?データ解析企業のビジネスモデルから分析

著者:
20160815
2016.8.15

プリンシプルはシリコンバレーを拠点に海外事業を本格的に展開します!

著者:
kusuyama
2016.8.29

データ活用ニーズに応える米オレゴンのデータ解析コンサルティング会社

著者:
20160822
2016.8.22

日本企業にとってのシリコンバレーの魅力とは?

著者:
20160905_kusuyama
2016.9.5

UBER級か?シリコンバレーが注目する謎の「パランティアテクノロジー社」とは?

著者: