エンジニアリング


2016.2.17

Web制作者必見!Googleタグマネージャーでできる、サイト改善に使えるイベントトラッキング3選

Googleタグマネージャーでできる サイト改善に使えるイベントトラッキング3選


こんにちは、連(むらじ)です。

解析コンサルタントの傍ら、Googleタグマネージャー(GTM)の設定を担当する事もあるのですが、元々私はWebデザイナーでした。そんな私が、Googleタグマネージャー(GTM)でのイベントトラッキングをする中で「Webサイト制作をしていた時に知っていれば!」と思った設定を紹介します。

GTM × イベントトラッキングで「外部サイトへ離脱したセッションの一括取得」ができる!

これは広く一般的に活用されている設定です。何がすごいかというと、GTMを使う前は、外部リンクひとつひとつに『onClick=”_gaq.push…』云々というscriptをいちいち追加していたのですが、GTMを使うことで、タグひとつで一括設定できるようになったことです。

例えば

  • ・サイトAへの送客を目的とした、プロモーションサイトBがある
  • ・サイトBには、サイトAへ送客するためのリンクの他、外部リンクが多数設置されている
  • ・サイトAにはどれくらい送客できているのか、どのページから一番送客できているか調べたい

といった場合、コーダーに負担をかけず、しかも目的の分析を手軽に行うことが可能です。

▼設定方法を動画で見てみる「外部リンククリックの取得」

GTM × イベントトラッキングで「電話での問い合わせをコンバージョンとして取得」できる!

スマホサイト充実化の波に乗り、タップすると電話機能が

立ち上がり問い合わせができる『TELボタン』が様々なサイトで設置されるようになりました。これにより、今までGoogleアナリティクス上では目標として取得できなかった、電話による問い合わせがコンバージョンとして計測できるようになりました。

こちらも、外部リンクの一括取得と同じように、サイト内の全てのTELボタンについて一括で設定することができます。

例えば

  • ・どのコンテンツ(ページ)にあるTELボタンに一番問い合わせが多いのか?
  • ・他店舗展開しているうちの、どの店舗への問い合わせが一番多いのか?

という情報を取得できるので、問い合わせの多いボタンのあるコンテンツを充実させたり、また問い合わせが多い店舗への人員拡充をしたりするにあたっての指標として使うことができます。

▼設定方法を動画で見てみる「TELボタンタップの取得」

GTM × イベントトラッキングで「ランディングページがどれくらい読まれているか」を調べられる!

GTM

イベント取得できるのは、クリックやタップだけではありません。スクロールやマウスオーバーといったアクションでもイベントを取得することができます。そしてこの機能、(やや簡易ですが)ヒートマップの代わりとして使うことができます。

例えば

  • ・ランディングページの全長のうち、70%以上スクロールされた場合、イベントを発生
  • ・ランディングページ内の、特定の<div>エリアをマウスオーバーした場合、イベント発生

という設定をすれば、全セッションのうちどれだけのユーザーがページ下方まで熟読しているのか、制作側が読んで欲しいエリアが読まれているセッションはどれくらいか、を調べることができます。そして、ランディングページの長さを最適化したり、よりユーザーを魅了するコンテンツを作るためのPDCAを回せるようになります。こちらの設定は上記2つより少し設定が複雑になりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

どの設定も、Webサイト改善のPDCAサイクルを回すのに大変活用できるものです。


連久実子

連久実子

2005年東京学芸大学心理学専攻卒業。広告代理店を経て、メーカーEC運用部門にてサイト構築運用・カスタマーオペレーション・ロジスティクスと広く経験した後、ブランディング及び販促戦略企画に携わる。2015年よりプリンシプル社に参画し、解析コンサルタントの傍らGTM設定も担当。


> の記事一覧

高橋さん_アイキャッチ
2016.6.17

PaddleTDのサービスの裏側

著者:
160527
2016.5.27

TableauSDK入門:セルフサービス分析ツールをPythonでらくらく拡張

著者:
20161124_n
2016.11.24

米国エキスパート執筆「Googleアナリティクス/タグマネージャ解体新書」かいつまみレビュー(前編)

著者:
20161017_ueda
2016.10.17

Embulkを使ってGoogle アナリティクスのデータをBigQueryに転送する方法

著者:
GoogleAnalyticsAPIの調べ方
2016.2.3

Google Analytics API の調べ方

著者: