大切にしていること

日々発生している機会損失額を商品ごとに可視化し、ECサイトの収益を最大化

ECサイトでの機会損失額を、正確に把握していますか?

ECサイト運営事業者様には「既存顧客の満足度向上」「販売する商品の開発」「広告メディアの使い方や広告投下の配分」などのビジネス課題があると認識しています。これらの課題を解決するためには、機会損失額の発生状況を把握することが大切です。

最大のポイント

機会損失額を商品ごとに可視化

商品ごとの機会損失額を可視化するダッシュボードを作成します。これにより、収益最大化のための施策を検討し実施することが可能になります。また継続的にデータをトラッキングすることで、施策ごとの費用対効果も算出できます。

PRINCIPLEへのお問い合わせ

SEO、解析、広告、DXなどでご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

サービスの要素

課題のヒアリング

まずはGoogleアナリティクスの対象プロパティ、ビュー情報や商品データフィードの情報、またサイトのURL構造について整理していただきます。お客様にご対応いただくステップは基本的にヒアリングのみとなり、他の工程はプリンシプルが担当します。

必要データ受け取り、データソース作成

GoogleアナリティクスのEコマースデータと商品データフィード情報から、機会損失額を可視化するためのデータソースを作成します。

商品ごとの機会損失額を可視化するダッシュボード作成

Googleデータポータルにて、お客様のECサイトで発生している機会損失額を可視化します。商品単価、在庫なし状態でのPV数、商品を購入する確率などのデータを、商品別・日別など、必要な分析軸で可視化します。

ECサイトの収益は、実際に購入された結果のみを計測します。しかし実際には「本来購入されたはずだが、されなかった取引」も存在します。まずはその発生額を把握することが、収益最大化のための最初の一歩です。

顧客の課題

ユーザエンゲージメントの低さ

運営しているECサイトで、ユーザが「購入したい商品を、購入したい時に」取引きできない。

機会損失対策の費用対効果の把握が困難

発生している機会損失額を把握できず、施策を実施しても効果がどう生まれたのか計測できない。

広告メディア媒体選択や投下額の判断が難しい

在庫がない状態でのPV数が多い商品に対しては広告出稿を取りやめるなど、費用対効果を最大化する広告の運用ができない。

サービスの内容

ECサイト運営における機会損失とは

商品在庫があればユーザが購入していたにも関わらず、在庫がなかったために購入せず、取り逃してしまった売上です。機会損失額は商品単価、在庫なしの状態で閲覧されたPV数、及び商品を購入する確率から算出します。

Googleデータポータルとは

Googleデータポータルは、データを可視化し共有するための無料ツールです。ダッシュボードやレポートを柔軟にカスタマイズできることもあり、広く利用されています。

サービスの内容

01

欠品により発生している機会損失額を可視化

ECサイトの収益は、実際に購入された結果のみを計測します。しかし実際には「本来購入されたはずだが、されなかった取引き(=機会損失)」も存在します。まずはその発生額を把握することが、収益最大化のための第一歩です。

02

機会損失額を最小化するための施策を考案

売上を最大化するためには、機会損失額を最小化する必要があります。

例えば在庫なしの状態でPVが多く発生している商品については、商品自体に魅力があると考えられるため、他の商品に広告費を充てる、サイト内での目立つ場所に他商品を設置するなどが考えられます。また購入される確率が低い商品については、文章や写真の修正など、商品詳細ページの最適化を検討できます。データに基づき、商品単価の再検討も可能になります。

03

広告費用の最適化実現

データに基づき、どの商品で広告費用を増やすべき / 減らすべきかという判断ができるようになります。例えば機会損失額が大きい商品の類似商品や、在庫が十分に残っているのに購入されていない商品に広告費用を投下する、といった判断をし広告費用を最適化できます。

資料

DX-可視化売上増加に効くECサイト機会損失解消ソリューションのご紹介

公開日:2021年02月

売上増加に効くECサイト機会損失解消ソリューションのご紹介