PPC


2016.10.4

AdWords、CPA改善につながる検索クエリ(検索語句)の見方

20161003_t


AdWordsで、キ―ワード分析をもとにクリック単価の調整をしていると思いますが、検索クエリの分析もとても重要です。こちらは管理画面から確認できます。
今回紹介する方法をもとに、みなさんも検索クエリを改善してみてください。

検索クエリとは何か?

検索クエリとは、ユーザーが検索する際に入力する語句やフレーズのことを指します。
また、キーワードとは、広告主が広告を表示するために設定する語句やフレーズのことを指します。

なぜ検索クエリが大事なのか

広告主が表示しようと思って登録しているキーワードが必ずしも意図している検索クエリだけに表示されているわけではありません。
広告主が意図していない表示もあるかもしれません。
反対に広告主が気づいていない「CVにつながる」キーワードが見つかるかもしれません。

検索クエリの確認方法

「キーワード」タブをクリックし、「検索語句」の項目をクリックします。
すると、下記のように検索クエリごとの実績が表示されます。

20161003_t_01

検索クエリのチェック項目

表示回数の多い検索クエリ

表示回数順にクエリを並び替え、クリック率を確認します。
著しくクリック率が低い検索クエリの中には広告主が意図していない(もしくは表示しなくても良い)クエリがあるかもしれません。

20161003_t_02

CPCがが高い検索クエリ

次にCPCが高い順に並び替えます。
地域やデバイスなどで単価調整している場合、一部の検索クエリの時だけ、特に高いCPCをつけている場合があります。
その場合は、該当の検索クエリを除外するか、単価調整率を見直しすることをお勧めします。

20161003_t_03

CVが多く発生している検索クエリ

CV数が多い順に並び替えます。
CVが発生している場合は、さらに獲得が伸ばせることができないか考えます。
そのクエリをキーワードとして設定し、専用の広告文やLPを設定することで、CV率さらに引き上げることができるかもしれません。

20161003_t_04

CVが発生しない検索クエリ

費用が多い順に並び替えます。
クリックされているけれどCVに至らない検索クエリも見直しの対象になります。
検索クエリの内容を見て、LPや広告文変更の検討や、場合によって除外という対応をお勧めいたします。

20161003_t_05

まとめ

今回の設定により、

  • 表示回数の多い検索クエリ
  • CPCがが高い検索クエリ
  • CVが多く発生している検索クエリ
  • CVが発生しない検索クエリ

について改善策を検討することができました。これらすべてがCPA改善に直結した施策になります。
皆さんもキーワード単位の分析のほかに、定期的な検索クエリの分析を行ってみてください!


Principle-c

Principle-c

Google社からGoogleアナリティクス認定パートナーとして認められる、日本ではわずか15社しかないトップレベルのデータ解析、オンラインマーケティング会社。創業わずか4年超ですが、業界トップレベルのコンサルタントが、大手企業を中心にオンラインマーケティングの支援をしており、4期連続増収増益、スタッフ数も40名を超え急成長しております。


> の記事一覧

二階堂_アイキャッチ
2016.7.1

PPC HERO 翻訳:Excelを使った検索クエリレポートの分析方法

著者:
1600121_img01
2016.1.22

Adwords除外プレースメントが思い通りにできない

著者:
サイトリンク改善につながるデータ
2016.7.29

AdWords、サイトリンクの改善につながるデータの見方とは?

著者:
eyecatch-ppc33
2016.3.28

簡単なようで難しい!リスティング広告文のA/Bテスト結果の判断方法

著者:
160114_img2
2016.1.14

リスティング初心者向けAdwords認定試験のススメ

著者: