BLOG ブログ

PPC

ビジネスデータと広告カスタマイザ

はじめに

Google広告とYahoo!スポンサードサーチではフィードを用いて一つの広告で複数のクリエイティブのパターンやターゲットごとにバリエーションをつけることが可能となります。

広告カスタマイザ・アドカスタマイザー

広告カスタマイザ(Yahoo!ではアドカスタマイザー)を用いると、検索キーワード、端末、場所、日付、時間帯、曜日などに合わせて、広告文のテキスト内容を動的に変化させることが可能です。
本ブログではデータフィードを用いた広告カスタマイザの活用についてご説明いたします。
執筆時(2019年9月)では

  1. Google広告では拡張テキスト広告、拡張動的検索広告
  2. Yahoo!スポンサードサーチでは拡大テキスト広告、動的検索連動型広告

での入稿が可能であることを確認しております。
※Google広告のレスポンシブ検索広告では未対応

データフィード

「フィード」について、IT用語辞典で調べると、
フィードとは:
ITの分野で単にフィードといった場合は、Webサイトが更新情報やページの一覧や概要などをまとめたデータを配信すること、およびその配信されるデータを意味する場合が多い。(参照元:IT用語辞典 http://e-words.jp/w/フィード.html )
のように書かれています。

Google広告およびYahoo!スポンサードサーチではデータフィードをあらかじめアップロードしておき、データフィードの中のレコードを意味し、そのレコードを広告文の中身として呼び出すことができます。
イメージ図

データフィード → 広告文の中身

ビジネスデータと広告カスタマイザ

Google広告やYahoo!スポンサードサーチで利用する広告カスタマイザのデータフィードの中身については以下の図のイメージです。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

上記のような構成となっているデータフィードをアップロードし、広告に活用することが可能です。

それぞれフィードはGoogleではカスタムでない属性(以下:通常の属性)とカスタム属性、Yahooでは規定項目と任意項目に分類することができます。
それぞれにつきましては

  1. 「通常の属性 = 規定項目」:条件のフィールド(レコードが適用される条件を入力(一部除く))
  2. 「カスタム属性 = 任意項目」:変数のフィールド(レコードが適用された際の変数の値を入力)
    というイメージです。

両者を併せた広告

こちらのデータフィードを広告で利用するには拡張テキスト広告(Yahooではテキスト広告)を入稿する際に下記のような専用のルールがあります。

{=データフィード名(データ自動挿入リスト名).カスタム属性のフィールド名(任意項目のフィールド名):デフォルトテキスト}

※「:デフォルトテキスト」は条件に当てはまるレコードが存在しない場合に表示されるテキストであり、入力しなくても良い。

例としては下記のようなデータフィードと広告が入稿されていたとします。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

そして、とあるユーザーが2019年4月31日に北海道にてGoogleの検索を利用し広告が表示されるとします。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

その際にデータフィード内の条件に当てはまるレコードは下記の赤い四角で囲われたレコードになります

ビジネスデータと広告カスタマイザ

すると表示される広告は変化し、下記の内容となります。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

属性(項目)まとめ

通常の属性・規定項目

下記が通常の属性および規定項目の一覧となります。

内容
Google
通常の属性名
Yahoo
規定項目名
レコードを適用するキャンペーン
キャンペーンのターゲットを設定 キャンペーン1
キャンペーン名 キャンペーン1
レコードを適用する広告グループ
ターゲット広告グループ 広告グループ1
広告グループ名 広告グループ1
レコードを適用するキーワード
ターゲット キーワード プリンシプル 広告
キーワード プリンシプル 広告
対象キーワードのマッチタイプ
なし
マッチタイプ 完全一致
レコードを適用する配信対象地域
ターゲット地域 東京都,港区
ターゲット地域 東京都 港区
ターゲット地域のターゲット種類(ユーザーの興味関心対象か、ユーザーの所在地かなど)
ターゲット地域の制限 所在地
ターゲット地域の制限 ユーザーの所在地
曜日×時間帯の配信スケジュール
スケジュール設定 Thursday, 10:15AM – 08:30PM; Sunday, 10:15AM – 08:30PM
曜日・時間帯 (Tuesday[10:15-20:30]);(Sunday[10:15-20:30])
レコードが有効となる開始日
開始日 2019/03/31 18:00:00
開始日 2019/03/31
レコードを適用できる最終日
終了日 2019/01/01 18:00:00
終了日 2019/01/01
レコードが適用された際に利用できるカスタムパラメータ(条件を指定するものではない)
カスタム パラメータ {_path}=seo
なし
レコードを適用できる配信先デバイス
デバイス設定 mobile
なし

カスタム属性・任意項目

また、下記がカスタム属性および任意項目のタイプをまとめたものになります。

カスタム属性および任意項目のタイプ 入稿例 表示される広告例
テキスト プリンシプルの{=セミナー_フィード.サービス名(テキスト)}セミナー
プリンシプルのTableauセミナー
プリンシプルのSEOセミナー
テキスト(価格) 参加料{=セミナー_フィード.参加費用(価格)}円
参加料0円
参加料5,500円
整数 定員{=セミナー_フィード.参加可能人数(整数)}名
定員10名
定員5名
日時 開催まであと{=COUNTDOWN(セミナー_フィード.開催日(日時))}
開催まであと12時間
開催まであと6日

データフィードの格納について

Google広告の場合

Googleでは管理画面右上の「ツール」>「設定」>「ビジネスデータ」と遷移することでデータフィードの画面に行きます。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

※ビジネスデータとは、広告、広告表示オプション、ターゲティングなどで使用するデータソースの提供や管理を行う場所です。各アカウントに対し、データのテーブルをアップロードすることが可能です。

その後、青いプラスボタンを押し、広告カスタマイザを選択することで下記のような画面に遷移します。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

ファイルを選択ボタンから、フィードのファイルをアップロードし、任意の名前(画像では「プリンシプル_フィード」という名前)をつけることでアップロード可能です。

また、Google広告での利用の際は、通常の「テキスト」以外のタイプのフィールドは事前に設定する必要があります。
テキストの通常の属性のフィールドとカスタム属性のフィールドのみで入稿し、該当のデータフィードの画面の「設定」から「属性」を選択し、フィールド名と属性のタイプを選択し追加してから再度フィールドが全て入ったファイルをアップロードしてあげましょう。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

Yahoo!スポンサードサーチの場合

Yahoo!スポンサードサーチではビジネスデータという名称のものは存在しませんが、代わりにデータ自動挿入リストというものが存在し、キャンペーンエディター上でのみ確認することができます。

キャンペーンエディターの「共有ライブラリ」>「データ自動挿入リスト」>「リストのインポート」と進んでいきます。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

「ファイルを選択」を押しファイルを指定し、データ自動挿入リスト名にデータフィード名を入力、「プレビュー」を押してアップロードが可能です。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

少し高度な活用例

Google広告のデータフィードでは自動で外部データを参照し更新することができます。
以下ではスプレッドシートを活用した例をご紹介いたします。

プリンシプルで地域ごとに提供しているサービスに関するセミナーを開催し、広告で集客をするためのフィードと広告を作成しました。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

さらにコンバージョン数に応じて残りの参加可能人数を変更した広告を出していきたいと考えました。

その際準備したのが
・データフィードを更新するためのスプレッドシート
・スプレッドシートに配信状況を転送するためのGoogle広告スクリプト
・スプレッドシートを読み込むためのデータフィード側の設定
上記3点になります。

まず、データフィードを更新するための「読み込み用」というシートとコンバージョン数をインポートするための「GoogleAds_import」という2種類のシートを用意しました。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

そしてスプレッドシートにデータフィードのレコードごとのコンバージョン数を転送するGoogle広告のスクリプトを作成し、こちらを頻度を調整し自動で実行されるよう設定します。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

するとスプレッドシートの「GoogleAds_import」にフィードのIDに応じたコンバージョン数が設定した頻度に応じて自動で反映されるようになります。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

「読み込み用」の参加可能人数を「GoogleAds_import」のフィードのIDを条件とする関数を組み、フィールドの値を自動で変更するよう設定します。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

Google広告の該当のデータの「日程」の画面からスプレッドシートの内容をフィードに反映する設定にします。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

すると自動的にGoogle広告のデータフィード内の値も変更されます。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

これにより広告文の内容が各セミナーのコンバージョン数に応じて残り席数の値が自動で変更されるように設定できました。

ビジネスデータと広告カスタマイザ

まとめ

Google広告、Yahoo!スポンサードサーチともにアカウントの全体像をシンプルにしてキャンペーンに多くのコンバージョン実績のデータを蓄積することが機械学習の最適化として推奨されています。これまで地域ごとの配信やスケジュールの調整のためキャンペーンを分けていたりすることがあったと思いますが、広告カスタマイザを用いることでキャンペーンの統合などをすることが可能であると思います。

また広告カスタマイザで広告文のテキストを動的に変更することだけでなく、データフィードも動的に変更することが可能であるため、これらを組み合わせて活用することで広告のバリエーションが大きく広がると言えるでしょう。

松本達也

テクノロジーチームにてSEMとデータ解析の領域を担当。
コーディング、GTM等のフロントエンジニアリングも担当。

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP