GA4では、Universal Analytics(UA)にあった多くのレポートがなくなりました。GA4とUAは異なる製品でありそれぞれで異なる活用方法があるので、レポートのスクラップ・アンド・ビルドがあるのは当然と思います。

とはいえ、これまで使っていたレポートが使えなくなることが、GA4への移行の妨げになることもあると思います。そこで、UAのレポートをGA4でできるだけ再現する方法についてまとめてみることにしました。

この記事では、「新規顧客とリピーター」レポートの再現方法をご紹介します。

基本的な考え方

GA4に、新規顧客とリピーターを区別してレポートするディメンションである「ユーザータイプ」は存在しません。その代わり、「新規 / 既存」というディメンションが用意されています。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_2

ただ、よくヘルプを読むと「新規顧客が7日以上前に始めてウェブサイトを訪問した場合」には、「既存」ユーザーになってしまいます。

また、UAの「新規顧客とリピーター」レポートのディメンションメンバーであった、New Visitorや、Returning Visitorは、セッションスコープでした。したがって、GA4の「新規 / 既存」ディメンションを利用してもUAの「新規顧客とリピーター」レポートは再現できないことが分かります。

そこで、「セグメント」を利用して、再現する方向で考えます。

作成するべきセグメント

GA4のデータモデルでは、UAの「セッション数」にあたる”何回目のWebサイト訪問だったのか?”の値は、session_startイベントの、ga_session_numberパラメータに格納されています。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_4

つまり、ga_session_numberが1のセッションが「New Visitor」、2以上のセッションが「Returning Visitor」ということになります。

そこで、「探索」配下の「自由形式」レポートを表示した上で、New Visitorを抽出する以下のセグメントを作成します。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_6

同様に、Returning Visitorを抽出する以下のセグメントも別に作成します。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_7

レポートを作成する

次に、探索配下のレポートで作成したセグメントを2つ、指標を5個を以下の通りに配置します。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_8

ピボットを「最初の行」にセットするところは忘れやすいのでご注意ください。

完成したレポート

すると、以下のレポートが完成します。

UA-New-Customer-and-Repeater-Report-in-GA4_1

以下に補足をしますが、これでUAの「新規顧客とリピーター」とほぼ遜色ない(つまり、同じ意味合いを理解できる)レポートが完成しました。

1. セッション:UAと同じ意味合いのセッションです。

2. エンゲージのあったセッション:セッションが①直帰しなかった、②10秒以上の滞在があった場合に、エンゲージのあったセッションとしてカウントされます。UAにおける「非直帰セッション」の近似値として利用できます。

3. エンゲージメント率:「2.エンゲージの遭ったセッション」÷「1.セッション」で計算できる比率です。UAにおける直帰率の逆数(=高い方が望ましい指標)と捉えることができます。

4. ユーザーエンゲージメント:ユーザーがフォアグラウンド(隠れていないタブ)でウェブページを表示していた延べ時間です。この指標の値を、セッションで割ることでUAの「平均セッション時間」の近似値を求めることができます。

例)

New Visitor:
・ユーザーエンゲージメントは、10時間53分 = 39180秒
・セッションは、689
→平均セッション時間の近似値である、セションあたりユーザーエンゲージメントは56.9秒

Returning Visitor:
同様に、Returning Visitorのセッションあたりユーザーエンゲージメントは58.4秒

5. 表示回数:GA4における「表示回数」は、UAの「ページビュー数」のことです。したがってこの指標の値をセッションで割ることでUAの「平均PV/セッション」の近似値を求めることができます。

例)

New Visitor:
・表示回数は、1576
・セッションは、689
→平均PV/セッションの近似値である表示回数/セッションは2.29

Returning Visitor:
同様に、Returning Visitorのセッションあたりユーザーエンゲージメントは2.24秒

まとめ

この記事では、GA4上でUAの「新規顧客とリピーター」レポートを再現する方法をご紹介しました。GA4では、セグメントを上手に使うこと、そして、全く同等ではないものの、意味合いが類似している指標を利用することで、UAのレポートを再現できます。

プリンシプルでは、GA4の導入支援、利活用支援を行っております。時間をかけずにデータ活用環境を作りたいなどお困りの方はお気軽にお声掛けください。

お気軽にご質問、ご相談ください

関連タグ

木田和廣

早稲田大学政治経済学部卒。取締役副社長。カスタマーサクセス室室長。チーフ・エバンジェリスト。

ブログ