INTERVIEW 社員インタビュー

「学び、チャレンジできる環境とロールモデルの存在」

ソリューションディビジョン 広告チーム
サブマネージャー : 小田 啓介
日本大学法学部卒。これまで大手流通企業への
PPC・GAコンサルティング及び、クライアント先常駐業務に従事。

―入社のきっかけは?

前の職場でトレーナーだった方の紹介です。当時Web業界は初めてだったのですが、非常に厳しい方で、プレゼンを確認してもらうと、修正箇所をおしえてもらえず、ひたすら自分で考えるよう指導を受けました。周りはあまりの厳しさに辞めていく人が多かったのですが、自分は残り、結果として、随分と成長させてもらえたと思っています。
その上司がプリンシプルに転職し、残った自分は、その上司から教わったことを社内で発信し、いろんな経験を積ませてもらえました。そこで一旦やり切った感があり、そのタイミングでプリンシプルに来ないかと、その上司から声をかけてもらいました。

「自分のやりたいことがプリンシプルにはある」というのを感じ、特に、BIツールを使った専門性高い詳細なアウトプットが普通にされているところに魅力を感じました。
リスティング畑で今まできましたが、戦略面もやりたいと思い、社長の楠山さんと話をして、自分がやりたいことをやらせてもらえる会社だと確信し、入社を決心しました。

―組織が拡大し、PPCチームの人数が増える中、今後どんなチームにしていきたいですか。

コンサルタント一人ひとりのスキルレベルが高く、お客様窓口、運用、報告、さらに戦略立案まで携わっているのですが、今後は、もっと組織規模で関わるように体制を整えてていきたいと思っています。それによって、お客様へのサービスも幅広く提供できると考えています。

―プリンシプルに入社しての印象は?

前職では経営層が決めたことを黙々とこなしていく組織にいましたが、プリンシプルは、自律し主体性ある社員が多いせいか、いい意味でトップダウンで動く感じではないですね。

入社して驚いたことは、各コンサルタントの資料のクオリティがとても高いことです。特にデータの見せ方は素晴らしいです。自分自身も、提出された資料は、お客様の社内でひとり歩きするものだと意識し、資料だけでも内容が伝わり、満足してもらえるよう常に意識しています。

―プリンシプルで自分が成長したと感じることは?

社内コミュニケーションが活発で、内容もレベル高く、日々学びを得られています。副社長であり、チーフエバンジェリストである木田さんやチーフテクノロジーマネージャーの山田良太さんからの影響は大きいです。一緒にクライアント先へ同行したり、案件の相談をし考え方をきくだけで、学びが多く、自分の専門的知識量が増えたという実感があります。
また、PPC以外の業務に多く携われるようになり、これからも新しい領域にチャレンジできそうなので、楽しみにしています。

―プリンシプルの制度でいいなと思っているものは何ですか?

特にリモートワーク制度はとても便利です。ちょっとした銀行や役所への手続きに行く際も、堂々と行けるようになりました。Slackで当日朝に「銀行へ行くため午前リモートします」とメンションするだけでいいというのも、ハードルが低く利用しやすいです。

新しい制度をPeople Divisionがどんどん早いスピードで作ってくれるので、素晴らしいなと思います。
例えば、最近導入された「マイライフ記念日」も良いですね。個人のプライベートの理由を社内でオフィシャルに宣言して、有給取得できるという「制度」にしたおかげで、社員の有給消化率も高まると思います。

―これからやってみたいことは何ですか?

自分が剣道を長くやってきたので、社内部活動として剣道部をたちあげ、一緒にやる仲間を作りたいなと思っています。

業務面では、チームのメンバーに積極的に新しいことをやらせてあげたいです。やりたい気持ちがありながら、自発的にはなかなか声が出てこないので、例えば営業に連れ出してあげるなど、可能性を広げながら、スキルアップさせてあげたいですね。

戻る

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP