INTERVIEW 社員インタビュー

「会社が大切にする個人の夢」

クライアント ディビジョン サブマネージャー 小田 啓介
ソリューション ディビジョン PPCコンサルタント 宮里 清義

―お二人の夢をおしえてください。

小田:「いずれは地元である新潟に移住したい」そのために専門性や仲間を探す必要があると思っていました。それは全て自分で事業を起こすための計画でした。

宮里:私もプリンシプルに入社する前から、地元の沖縄に貢献できる仕事をしたいと思っていました。なので、デジタルマーケティング領域で経験をつみ、専門性を身につけて、いつか独立したいと考えていました。

―「独立」という夢が元々あったのですね。

小田:上司との1on1を定期的にしていますが、その中で「自分で事業を起こす」以外に「プリンシプルの新潟オフィスを作ればいい」というアドバイスもいただきました。その発想は全くありませんでしたので、実現可能性を考えると全くできないことではないと思い、胸が熱くなったのを覚えています。

宮里:私も、プリンシプルは個人と会社のWinを大切にしていて、「会社が個人の夢の実現をサポートする」というクレドがあることを入社時に知り、「独立」でなく「会社の力を借りて、沖縄支社を作るという選択肢もあるんだ」と考えるようになりました。

―地元に支社をつくれたらどんなことをやってみたいですか。

小田:これまで培ったスキルを最大限に活用し「新潟のデジタル化を促進し、デジタルで新潟を豊かにする」、「新潟でデジタル人材を育成し、新潟での雇用を増やす」そんなことを実現できたら、地元の新潟にとってもWinに繋がると考えています。

宮里:私は、実は高校生までは広い世界を見たいと思っていたので、将来は沖縄に戻らず東京や世界で挑戦したいと思っていました。しかし、広い世界を見たうえで、改めて沖縄という島をみたときに、こんなに魅力的な島はないと感じるようになりました。歴史、自然、地理的な重要性、音楽、人、食べ物と、どれをとっても魅力がつまっているということを再認識し、沖縄のことを世界へ発信していきたいという思いが強くなってきたんです。 外国人観光客向けに沖縄の魅力を発信したいですし、デジタルマーケティングの力で観光業だけでなく、地元の企業を支援していけたらと考えています。沖縄では、WEBサイト自体がまだまだ上手につくれていなかったり、データ解析も上手くできていない、あるいはその重要性を理解していない企業が多いと感じているので、プリンシプルの技術力やマーケティング力で地元企業の課題を解決し、地域発展に貢献していきたいです。

*COO中村研太は家族の暮らす大阪に「オフィスを作る」ことをを実現。 日経DUAL「妻の望み叶え大阪支社設立 東京と半々で暮らすパパ」 

戻る

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP