INTERVIEW 社員インタビュー

「育休6か月取得 広告コンサルタント歴10年」

マーケティング ディビジョン
広告コンサルタント : 早川 雅人
デジタルマーケティングコンサルタント歴10年。Web広告において大規模案件運用の実績多数。

――6か月の育児休暇取得


実は、9月に長男が生まれたため、育児休暇を来月から6か月間取得予定です。プリンシプルは、男性の育児休暇取得率が100%で、会社として理解があり、取得支援をしてくれるので大変有難いです。

休暇前ということで、現在は、チームの業務を俯瞰してみる立ち位置で、チームのオペレーション体制のさらなる改善に注力しています。 広告コンサルタントが、より生産性をあげ、専門スキルであるコンサルティングにリソースを集中させることで、顧客の売上を伸ばすための施策を考案することや、より多くのコミュニケーションを顧客ととれるような体制をつくっています。

具体的には、入稿やレポート作成など汎用的な業務をオペレーターチームに完全に任せられるような組織に変革させています。導入後1ヵ月でコンサルタントたちの残業時間も減ってきており、効率化という点ではすでに成果を感じています。


―― 自分の強み

広告、ファシリテーション、英語の3つです。
まず、 広告は、運用型広告の領域を中心に10数年、複数社の広告代理店で経験してきたので、各社で共通していた広告における大事になポイントを把握しています。デジタルマーケティングの中で、俯瞰的にどうしたら広告を最大限に生かせるかという視点が身についています。また、基本的ですが、パフォーマンス、レポートでの数字について、良い状況かどうか感覚的にすぐ判断できます。

2つめのファシリテーションは、10人~20人規模の会議での仕切り、進行が得意だと思っています。会議のゴールに向けて道筋を示した上で、みんなで一緒に歩いていってもらうためにガイドしたり、外れた人をスムーズに戻すことが卒なくできるようになりました。 非建設的な議論になったときのリカバリースキルは、今後磨いていきたいと思っています。

最後に英語ですが、英検1級に合格し、英語ネイティブのチームメイトがストレスを感じないようさらにブラッシュアップしたいですね。 英語のトレーニングは毎日ルーチンとして、音読やシャドウイングを朝8時に欠かさず行っています。

――読書と散歩


自分がリフレッシュされ、元気になる源として、読書があります。 「1年間で100冊読む」という目標をたて、小説や歴史ものなどを中心に読んでいます。最近は、ハルキストとして、YouTuber活動をはじめ、村上春樹氏の本を解説したり、読書ノートをつけたり、インプットしたものをアウトプットする場をつくっています。 朝の散歩もルーチンとして意識的に行っています。考え事をしたり、アイデアが浮かんできたり、散歩は健康やリフレッシュのためだけでなく、創造的活動をするために必要な時間です。


――親業との両立のコツ


妻との信頼関係を構築することだと思っています。家事・育児の役割分担を決めていますが、自分の担当でないことも、できそうなときは積極的にやるようにして、妻の自分に対する信用残高を積むようにしています。可愛い息子の育児をしっかりとこなしながら広告コンサルタントを続けられる環境にも感謝しています。

早川 雅人ブログ一覧

DX戦略、デジタルマーケティング戦略、データ解析、SEO、リスティング広告、Facebook広告、LinkedIn広告、Tableauでのデータビジュアライズなど、お役に立てそうなことがございましたら、こちらよりお気軽にご相談ください。ご相談は無料で承っております。

プリンシプルでは業界トップレベルの専門家として一緒にご活躍いただける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

戻る

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 ダウンロード資料一覧

TOP