SEO


2017.5.18

404エラーについて誤解されている3つのこと:正しい分析で『伸びしろ』を発掘

_______1024


インハウスSEO担当者で、Google サーチコンソールへの理解が進むと「検索アナリティクス」レポート一辺倒から抜け出して、左サイドバーの様々なレポートや機能を覗いてみたくなります。サーチコンソールで提供されている情報は何かしらSEOに役立つものである、という前提で眺める中で、ひときわ目に入るのが「クロールエラー」のレポートです。

画像1.クロールエラー

この「見つかりませんでした」は404エラーページの存在を表し、数字はそのまま404エラーを起こしているページ数を示しています。一定規模以上のECサイトを運営されている担当者の場合は、この404エラー数が1万を超える、というケースもあるでしょう。

今回のテーマは、今もなおいくつか誤解されがちな404エラーについて、担当者の皆様が時間とお金を浪費することなく正しくSEO視点で404エラーレポートを活用いただけるよう、Google関係者の発言を適宜引用しながらまとめていきます。

実は重大でないこと

 404エラーの存在はサイトの評価を下げる?

サーチコンソールで提供される情報はGooglebotへの最適化に関連するものという認識に立つと、
** URLエラー > 「見つかりませんでした」数千件 **
という表示は、担当者にとって気持ちの良いものではありません。404エラーページには何も情報を記載していないため、いわゆる「ユーザーにとって価値の低いコンテンツに該当しやしないか」という疑念も頭をよぎります。
しかしながら、これは2011年にGoogle公式ウェブマスターブログで同社のJohn Mullerに明言されているとおり、404エラーページの存在自体がサイトの評価を貶めることはありません。

https://webmasters.googleblog.com/2011/05/do-404s-hurt-my-site.html (Google Webmaster Blog:英語)
https://support.google.com/webmasters/answer/35120 (Google公式ヘルプ(日本語)

実際、適切に構成・運営されているサイトの中であっても、毎日のように商品の更新を行なっていれば品切れ=404エラー対応をするページは必ず存在します。(同氏曰く、品切れに適切に404を返しているため”404エラーのあるサイトは健全とさえ言える”、というレトリックをも残しています)

404ページへリンクのあるページの評価は下がる?

404ページは確かにユーザーにとって重要性の低いページですが、その存在自体がサイトの評価を下げることはない、ということは分かりました。では、内部リンク構築の観点で、そのように重要性の低い404ページに対して内部リンクを持つページの評価(ページ単位評価)は危険ではないのでしょうか。
この点も永らく様々な憶測を生んでいましたが、2017年4月のSEMPost(Webマーケティングメディア)のライターのメンションに対して、GoogleのGary IllyesがTwitterで「(404エラーページへのリンクがページ評価を下げることは)無い」と表明しています。

画像2.GaryTwitter

“Jennifer Slegg(SEMPost)「Googleは404ページへのリンクのあるページのランキングを下げているの?そのようなことをやっているかどうか分からなくて。」
Gary(Google)「いや。Noだね。そんなことにいったい何の意味がある?」<拙訳>”

http://www.thesempost.com/google-demote-pages-link-to-404/ (TheSEMPost:英語)

 ただし、ややこしい言い方を許容いただくならば、404エラーはプラスになる内部リンクの効果を機会損失させている、とは言えるので、直せるものは直しておくと良いです。直せるものを放置するのはもったいない、ということです。

404ページをnoindexする必要は?

では、404ページは以後クロールする必要がなく、Googlebotのムダを省くためインデクス拒否をする必要があるのではないか? と、そのようなことに思い当たる方がいるようで、例えば「404 noindex」などと検索すると、404ページにはnoindexが必須、という日本語記事をよく見かけます。

この議論に関しては、弊社は「万一の保険としてならnoindexを設定しても悪くはないが、投資対効果で判断」という見解です。

404エラーページは、Googlebotにとってはコンテンツの良悪や寡多は認識されず、単なる404です。コンテンツの品質以前に、単なる404ページとして処理される、ということです。
サーバレスポンスの管理において運用上のミスにより不一致を起こす可能性はあり、noindexをページに設定することは低品質コンテンツとして誤ってインデクスされてしまうリスクを減らすことにはつながります。ただし、個別にアラートされている、それこそ何千というページに大手を振ってひとつひとつnoindexを設定することは現実的ではありません。テンプレートベースで一括対応できるならやっても良い、というレベルです。
https://productforums.google.com/forum/#!topic/webmasters/lrayLfnAHjM(Google Central Help Forum:英語)

なお参考までに、サーチコンソール クロールエラーの「修正済みとする」という赤いボタンがありますが、これはGoogleに修正を促すためのものでなく、あくまで閲覧者(つまりあなた)による進行管理用のボタンでしかありません。
画像3.修正済みとする

見るべき404エラーのポイント

ここまでの内容では、ともするとサーチコンソールの404エラーレポート、いや、そもそも404エラーのチェックはSEOに意味がないのでは、とまで思われかねません。
確かに、個別のページ単位で、後継商品移行におけるリダイレクト漏れ(=新しい後継商品に正しくリダイレクトされていない)をモニタリングするレポートとしては意味を発揮しますが、それは「リダイレクト漏れ」として、問題の観点が別にありそうです。

本題となる404エラーについては、以下の点に注目して活用してください。

内外リンクのURL誤り

先にしつこく記載したとおり、404エラー自体はサイトの評価を下げることはありません。これは、John Mullerが2011年に公式で述べているとおりです。
ただし、URLの誤りのため外部からのリンクが404ページについている、という場合は、話が変わってきます。確かに評価を貶めることはありませんが、せっかくの外部リンク=評価を404ページに渡してしまっているという意味で、機会損失を起こしていることになります。これは内部リンク、つまるところは社内の作業者によるURLの誤りでも同様です。
この正しいリンク先の逸失についてはいくつか原因が考えられ、以下の通りきり分けた上で対処を行うことができます。というのは、発見しても手を下せないエラーや、対処の必要のないものもあるからです。

リンク先 要因 リンク元 対処法
静的ページ URL(aタグ)の誤り 内部 URL修正
ページ終了 301リダイレクト
または放置
URL(aタグ)の誤り 外部 301リダイレクト
または修正依頼(困難)
ページ終了 放置
動的ページ URL(aタグ)の誤り 内部 URL修正
ページ終了 301リダイレクト
または放置
URL(aタグ)の誤り 外部 301リダイレクト
または修正依頼(困難)
ページ終了 放置

静的か、動的かによって301リダイレクトの困難度合いは変わってくることが考えられます。
また、外部へのURL修正依頼も簡単なものではありません。広報活動などの成果として能動的に行なった外部リンクである以外、SEOのあるべき姿としては全て修正依頼を行なうのが望ましいものの、リソース的に難しいものがあります。心構えとして重要なのは、社内はもちろん、外へのリンク提供時に誤ったURLを渡さない、といったことです。

なお404ページへのリンク元は、クロールエラーレポートで個別のURLを選択、「リンク元」タブをクリックすると確認することができます。
画像4.リンク元

2. 自然検索での404ページ流入

画像5. お探しのページが見つかりません

これは、自然検索に限ることではありませんが、ランディングページが404(ページがありません)であることほどあなたのビジネスのサイトに対してユーザー体験を損ねることはありません。SEOにおいても有効な訪問を無碍にしてしまう意味で、宜しくありません。
ここでは、Google アナリティクス(GA)を用いたデータ抽出の方法をお示しします。

1.GA左サイドバー > 行動 > すべてのページ を選択する
2.プライマリディメンションで「ページタイトル」を選択する
3.アドバンスフィルタ(絞り込み)であなたのサイトの404ページのタイトル(例: “ページが見つかりません” )で絞り込む
4.適宜、アドバンスセグメントで「自然検索」を絞り込む

上記のプロセスにより、404ページに(自然検索で)ランディングしている数を「閲覧開始数」で知ることができます。

画像6.GA

この数値は、例えば、そもそもの404ページのリダイレクト対応を優先すべきか、あるいはカスタム404ページへの改修をすべきかどうか、といった意思決定に用いることが望ましいでしょう。

まとめ

404エラーページについては、ユーザーエクスペリエンス上は(ページがありません、ということは)本来的に気持ち良いものではありません。ただし、そのことが404のSEOにおける誤解につながり、正しい投資を妨げ、今回挙げたようなURL誤りのエラー解消にまで対応が至っていないケースがまだまだあるように見受けます。
サーチコンソールはGAで見られなくなったクエリをぼんやり見るだけのツールではありません。インハウスSEO担当者の方々はぜひ各機能を掘り下げ、有効活用してください。

資料(ホワイトペーパー)のダウンロード

弊社ではサーチコンソールのレスポンスエラー(404、ソフト404、500)を、リンク元まで一括可視化するダッシュボードサービスを提供しています。ご興味ある方は以下から資料(PDF)をぜひダウンロードしてください。


菊池浩之

菊池浩之

一橋大学卒。2004年新卒でJTBへ入社し旅行業界を経験後、異業種のWEBマーケティングの道へ。GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)、2015年WACA認定ウェブ解析士マスター取得。解析とSEOの知見を掛け合わせたアプローチにより多くの実績を残す。


> の記事一覧

grouping_main
2017.4.24

検索マーケティング分析は「グルーピング」で制する!SEO分析の型

著者:
eye-catch-paddleseo
2016.3.22

サーチコンソールデータ徹底活用!Paddle SEO でできること。

著者:
20161207_k
2016.12.7

もう構造化データでつまずかない 概念理解とJSON-LD

著者:
20161031_f
2016.11.10

【stone temple blog 翻訳】今でもリンクは強力なランキング要因なのか?

著者:
pubcon
2015.12.25

PUBCON in LasVegas 2015から、2015年のSEO総括と2016年のSEOを占う

著者: