SEO


2017.6.30

【速報】読み込み時間による『推定離脱率』を算出!Google Test My Site の新機能レポート

SEOss


Googleの Test My Site (テストマイサイト)というツールをご存知でしょうか。 6/28 に、Google Small Business というブログで、Test My Site のアップデート情報がリリースされました。

https://smallbusiness.googleblog.com/2017/06/fast-mobile-sites-get-more-customers.html
画像1

サイトのページスピードについては、ページスピードインサイトを使うことが一般的です。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

こちらのgoogle スモールビジネスが管理するTest My Site は、以前からありましたが特にページスピードインサイトと比べ有効な機能があるわけではなく、無名なツールでした。存在を知らなかった人も多いのではないでしょうか。
今回のアップデートで、以下の内容を知ることができるようになり、とても有意義なツールに生まれ変わっています。

・具体的に標準的に何秒かかっていると予測されるか
・その所要時間により、どの程度のユーザーが離脱していると予測されるのか
・そのスコアは、一般的な競合と比べてどのようなポジションなのか

■使い方
使い方は、サイトのURLを入力するだけです。
入力すると、Google がテストを開始してくれます。

ローディング中に表示されるコメントによると、
・地域ネットワークでの読み込み時間のシミュレーションを実行
・ディープニューラルネットワークによるテスト
・ニューラルネットワークの予測精度は90%
と、Googleの叡智が結集され、なかなか力が入っていそうです。

画像2

テストが完了すると、読み込み時間と、訪問者の推定離脱率が表示されます。
画像3

下へ進むと、同業種内のベンチマークを見ることができます。
画像4

また、「無料でレポートを取得する」からメールアドレスを入力すると、詳細レポートが取得できます。
ただし、こちらはページスピードインサイトで表示される内容とほぼおなじようです。

画像5

推定離脱率まで出してくれるところがすごいですね。

みなさんのサイトでも是非試してみていただければと思います。
Test My Site
https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

***

【資料ダウンロード①】デジタルマーケティング最新情報

プリンシプルでは毎月デジタルマーケティングの最新情報(解析・SEO・リスティング広告)をメールマガジンにてご提供しております。ご興味ある方は以下から資料(PDF)をぜひダウンロードしてください。

内容:
・解析
Googleアナリティクスの新しいホームページ…など。
・SEO
Googleによるリンクビルディングへの警告…など。
・リスティング広告
Yahoo!「コンバージョン数の最大化」の内容変更
Google AdWordsスマートディスプレイキャンペーンの開始…など
※次月からの最新情報は、プリンシプルから配信するオフィシャルメールマガジンに添付されます。

【資料ダウンロード②】ROI131%を達成! SEOとリスティング広告の連動による手法とは?

SEOとリスティング広告の統合分析を駆使して、外資系アパレルECのブランドクエリの投資効果を最大化した事例レポートが無料でダウンロードできます。


中村研太

中村研太

2008年京都大学理学部卒業。人材企業にてWEBマーケターとして勤務。その後SEOを中心としたウェブマーケティングのフリーコンサルタントとして独立し、2013年より株式会社プリンシプルに参画。ECサイトを中心に不動産・求人・BtoBサイトなどのSEOを手がけ、多くのサイトでSEO収益向上の実績を残す。2016年COO就任。


> の記事一覧

20161209_m
2016.12.9

登壇者にダメ出し!?10年続くセミナーシリーズにみる、セミナー主催者の心意気

著者:
160204_img
2016.2.4

Google検索品質評価ガイドラインから見る、ページの品質とは?

著者:
160428_icatch
2016.4.28

検索キーワード丸わかり!Paddle SEO活用法 ~検索キーワード編~

著者:
20160905_miyazaki
2016.9.5

セミナー遅刻者ハンドリング法

著者:
20161212_nk
2016.12.12

キュレーションメディア問題をSEOの観点から読み解く

著者: