オンデマンドメディアやスマートフォンストリーミングの時代となった現在、明確でわかりやすいCall-to-Action(CTA)は、デジタルマーケターにとってますます重要なものとなっています。

広告からスムーズにコンバージョンさせられるかどうかは、最初にオーディエンスの目に入るCTAの強さと見やすさに大きく左右されます。そのため、CTAに多様性を持たせるための広告フォーマットはデジタルマーケターにとって不可欠のツールと言えます。

動画広告の分野では、YouTubeのTrueViewインストール広告が有用なポートフォリオを提供しています。この記事では、そのTrueViewインストリーム広告についてご紹介します。

では、行きましょう!

記事の内容

  • TrueViewインストリーム広告の概要
  • TrueViewインストリーム広告のメリット
  • TrueView広告との違いは?

TrueViewインストリーム広告の概要

TrueViewインストリーム広告は、YouTubeとGoogle Display Network(GDN)の動画メディアの両方で再生される動画広告です。広告は画面に合わせて自在に変化し、視聴者にCTAを直接届けることができます。

Googleはこのフォーマットを以下のように説明しています。

この動画広告は再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーが視聴をスキップできるようになります。ユーザーが、動画広告をスキップせずに 30 秒以上か最後まで(いずれか早い方まで)視聴するか、その動画広告を操作すると、そのいずれかが最初に発生した時点でその YouTube 動画の視聴回数が 1 回追加されます。

動画広告の操作には、クリックしてウェブサイトにアクセスすることや、Call-to-Action(CTA)オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーをクリックすることなどが含まれます。

YouTube 動画の視聴回数を重視される場合は、動画の長さを 12 秒以上にすることをおすすめします。YouTube アナリティクスでは、10 秒未満の視聴をトラッキングしませんのでご注意ください。

引用元:TrueView インストリーム広告 – Display Specs ヘルプ

「インストリーム(In-stream)」というのは、動画の中で配信されることを示しています。一方、「アウトストリーム(Out-stream)」広告は動画ではない背景に配信します。インストリーム広告は必ず動画の前・中・後に配信することを覚えておいた方がいいでしょう。

広告料の決定は、視聴時間とクリック数に応じて行われます。視聴者が広告を30秒まで視聴した場合、または30秒より短い広告を全体視聴した場合、支払いが発生します。スキップや視聴の短い場合は支払いが発生しないので、予算の負担にはならない広告フォーマットだと考えられます。

TrueViewインストリーム広告のクリエイティブ

TrueViewインストリーム広告のクリエイティブには以下の2つがあります。

YouTube動画(広告自体なので、必須

  • YouTubeにアップロードされた動画のみを配信可能
  • Googleが推奨する長さは12秒以上、3分以下
  • 動画の埋め込み許可、そして公開また限定公開にすること

コンパニオンアセットオプショナル

  • 300×60 の JPG、GIF、PNGを配信可能
  • サイズは150KBまで
  • 入稿しない場合、Googleは300×250 のビデオウォールを表示する


About Google video partners – Google Ads Help より

動画設定と最適化

インストリーム広告を最適化する方法がいくつかあります。キャンペーンの特定のKPIに合わせて、広告の設定やクリエイティブの内容を調整することが可能です。

▼クリエイティブ

まずは再生回数から。予算内でできる多くのvideo viewsを獲得することを念頭に置いた広告キャンペーンでは、VTR(ビュースルーレート)を最適化したいところです。VTRの最適化で最も重要なのは、広告クリエイティブが直接的で、キャッチーで、すぐにアクセスできる強力なCTAを含んでいることです。

これらのクリエイティブの設定を少し変えるだけで、VTRに大きな影響を与えることができますので、ここでは実験を行うことをお勧めします。タイトルカード、エンドカード、コンパニオン、サムネイル、そしてビデオ自体の最初の5秒間は、視聴者がスキップボタンを押せるときに押すかどうかの要因となります。

ユーザー属性との関連性も重要な要素です。広告に表示されたサービスや製品を「ユーザーがどのように感じるか」が、広告をスキップするかどうかを決める最大の要因となるためです。これは、以前にコンバージョンした人と似たオーディエンスをターゲットにすることで最適化できます。

▼CPV

コストが最も重要な要素である場合、CPV(Click Per View)を目標にキャンペーンを最適化することができます。

高いCPVを達成するためには、幅広い視聴者に配信することが重要です。過度に狭い範囲での競争を避けることができれば、より高いCPVを得ることができます。

また「視聴回数がカウントされた後に何が起こっているのか」、「各視聴回数がビジネスにとってどれだけ価値があるのか」をマーケターが評価できることも重要です。ここでROASの目標値を設定することは非常に重要です。また、視聴が100%コンバージョンに結びつかない場合もありますが、視聴が成功するたびにブランド認知度が平均的に向上することも理解できます。

▼ユニークビュー

キャンペーンによっては、トップファネルに焦点を当てることで、予算内でできるだけ多くのユニークビューを集めたいと考えるでしょう。

Google Adsでは、マーケティング担当者は、個々のインストリーム広告からキャンペーンごとのビューまで、詳細なレベルでユニークビューを分析することができます。したがって、ユニークビューの最適化は、広告キャンペーンのマクロレベルとミクロレベルの両方で行うことができます。

例えば、キャンペーンに接触したことのある視聴者をターゲットにして予算を無駄にしないようにすることで、ユニークビューを増やすことができます。さらに、オーディエンス設定を巧みに利用して新しいユーザーに広告を届けることで、予算が認知度向上の目標に向かって使われ、他の場所で使われることがなくなります。ここではあまり狭い範囲のオーディエンスを使わないようにしましょう。

KPIにかかわらず、クリエイティブ自体がプロセスの中で最も重要な部分であることは間違いありません。広告とそれに付随するアセットが強力かどうかを評価しキャンペーン全体のパフォーマンスをテストするために、複数の動画を使用するようにしてください。

参考:TrueView Optimization Playbook

TrueViewインストリーム広告のメリット

メリット1. CTAを直接オーディンスフィアに

YouTube TrueViewインストリーム広告は、視聴者に短くて直接的なCTAを提供するのに優れるでしょう。

視聴者がクリックすると、指定されたランディングページのURLを使って、動画からすぐに自社のウェブサイトに遷移することができるCTAアセットがパッケージ化されています。


https://support.google.com/google-ads/answer/7166933 より

TrueViewインストリーム広告では、Googleが「CTAオーバーレイ」と呼ぶものを使用します。その名の通り、これらのオーバーレイは、広告の上に直接オーバーレイとして表示されるか、または広告の隣に配置されるコンパニオンクリックターゲットとして表示されます。

スキップされなかったビューに対してのみ支払いを行うことで、すべての視聴者に広告全体を見てもらうよりも、より多くの適格なリードを生み出すことができます。さらに、スキップにした視聴者でも、平均よりも高いブランド認知度(46%)を維持しています。つまり、広告がスキップされたときにお金を払わなくても、あなたのキャンペーンは受動的に関心を集めているということです。 Which leads us to…


An example of a CTA with a companion asset, placed to the top-right of a YouTube video

メリット2. ブランド認識

YouTube TrueViewインストリーム広告は、認知、広告想起、ブランド認知を通じてブランドを促進するための、優れたトップファネル向けのフォーマットです。

前述したように、広告をスキップした視聴者でも、ブランド想起率は平均よりも46%高くなっています。また、広告をスキップした視聴者は、あなたの広告キャンペーンに接触していない人と比較して、広告想起が55%、広告認知が181%増加しています。

参考:http://storage.googleapis.com/think/docs/youtube-trueview-playbook.pdf

TrueView広告との違いは?

TrueViewインストリーム広告は、YouTube広告のTrueViewファミリーに属しています。この広告ファミリーのメンバーはそれぞれ異なる動作をし、異なるマーケティング目標のために使用すると考えられます。


https://support.google.com/google-ads/answer/7166933 より

YouTubeではいくつかのタイプの広告が使用されていますが、すべてTrueViewと表示されており、インストリーム広告はTrueViewのスキップ可能な広告フォーマットです。TrueViewのスキップできない、CPMを中心に最適化されているインストリーム広告も存在します。

TrueViewインストリーム広告に関連するものとしてTrueViewキャンペーンタイプがあり、Google Adsではキャンペーンを設計する際にキャンペーンレベルで設定します。これには、「TrueView for Reach」と「TrueView for Action」があり、TrueView広告を促進するために設計されたキャンペーン設定です。

まとめ

この記事では、Youtube TrueViewインストリーム広告の特徴やメリット、そして最適化方法をご紹介しました。

デジタルマーケティングが業界として発展するにつれ、キャンペーンの最適化手法や広告タイプが増加しています。そのため自社ブランドをどのようにアピールするのが最適なのか、判断に迷うこともあるでしょう。

動画マーケティングにおいては、今回紹介したTrueViewインストリーム広告が、汎用性の高いソリューションとして様々な最適化戦略を可能にしてくれます。ぜひ導入をご検討ください。


お気軽にご質問、ご相談ください

関連タグ

Jonah Kachur

Marketing Division / 広告コンサルタント / グローバルユニット。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。GAIQ、Google広告認定資格所持。

ブログ