PPC


2017.1.20

みるみるCTRを高める、広告文改善3つの方法

20170116_j


みるみるCTRを高める、広告文改善3つの方法

SEMのプロならばCTRの重要性は知っているはずです…というよりも、僕があるリスティングアカウントを引き継ぎ、初めて分析する時、真っ先に見るのがCTRです。アカウントを深く分析する前にCTRをみれば、そのアカウントがどの程度適切に構造化されているかや、どんなタイプの広告文を自分が扱うのか、見当がつくのです。

よい広告文は高いCTRにつながり、高いCTRはキーワードの品質スコアにつながり、結果的に、広告コストを下げ、アカウントの健康状態を改善します。であるならば、広告主がこの基本をおざなりにする理由はありません。以下に述べる簡単なルールを適用するだけで、CTRを改善し成果を得ることが出来るのです。

先頭文字を大文字にする

先頭文字を大文字にするのはGoogleも推奨していることなのですが、驚くことに、それを無視した広告文を度々目にします。検索結果画面に多くの情報が表示されるようになってきた昨今、少しの時間を使うだけで、ユーザーの注目を集めることが出来るのです。

ルールはシンプルです。重要でないフレーズ ー to, and, of ーは削除し、各単語の先頭文字を大文字にしましょう。下の例を見てください。右側の広告文の方が、少しだけ目立つはずです。そしてこの「少し」がPPCでは重要なのです。

image00

ディスクリプションにはキーワードを含める

広告のディスクリプションは、各広告グループ間で使いまわすと手間がかかりませんよね。けれどもそれは有効な方法なのでしょうか?もちろん違います。

検索キーワードを文章に含めると、広告の品質スコアにおける広告の関連性が上がりますし、広告文そのものの魅力も高まります。キーワードの例として「buy apple iphone 7」を見てみましょう。2つの会社が、このキーワードに対して入札したとすると、ディスクリプションにそのキーワードを含まれている方は、ワードが太字になっているのがわかります。これは関連性のある広告となり、高いCTRにつながります。

image01

表示URLにはキーワードを含める

今回紹介する三つの手法の中では最もシンプルなものですが、表示URLは活用される頻度が最も低いものです。キーワードを表示URLの最後尾に使いする、あるいは新しく始まった拡張テキスト広告では、関連した語を追加するだけです。

上で紹介したBest Butの広告では、ブランド名である「Apple」が表示URLに付加されているのがわかります。更に「www.bestbuy.com/apple/iphone7」とキーワードをURLパスに追加すると、ユーザーの目にはこの広告の関連性はより高く映ります。

image02

三つまとめて、今日から適用してしまいましょう

これらの手法は、広告文そのものを上手に書くことに対して、補助的な要素ではありますが、広告の品質を上げることに間違いなく効果を発揮します。広告文は説明的であり、行動を促すものであるべきですが、今回の手法を適用するだけで、各種指標が改善します。これには1時間もかかりません。

CTRが1%改善するだけかもしれませんが、アカウントのパフォーマンスには大きなインパクトを与えます。トラフィックが大きい場合はそのインパクトは顕著となります。


Instantly Boost Your CTR With Three Easy Changes to Your Ad Copy

Any SEM professional knows the importance of your CTR, in fact, the CTR is the first things I look at when analysing a PPC account for the first time. By checking the state of the CTR before any kind of in-depth analysis, I can make a quick assumption on how well this account is structured, and what kind of ad copy I’ll be dealing with.

Good ad copy directly correlates with a good CTR, and a good CTR influences your keyword quality score, thenceforth lowering your costs and improving the health of your account. So why do so many advertisers miss out on adding the basics? By following a few simple rules, you can immediately improve your CTR for some quick wins.

Capitalize each starting letter

Even though capitalizing the first letter of each word in your ad copy is recommended by Google, it’s surprising to see how often it gets ignored in ad text. You have such little time to capture someone’s attention – especially with how crowded SERP’s have become – that your text needs to immediately jump out at its audience.

The rule is simple – capitalize every word, barring inconsequential phrases like: to, and, or of. From the example below we can see how the ad on the right jumps out just that little bit more, and hey, every little bit counts in PPC!

Keyword rich text description

It’s easy to use one universal text description across your ad groups, it’s even efficient most of the time. But, is it the most effective way? Certainly, not.

By using keywords in your text, it not only helps boost your ad relevancy in the quality score, but also improves the attractiveness of your ad copy. Take the keyword “buy apple iphone 7” for example. When we compare two companies bidding for this keyword, we can see that one has added it in their description, and so Google boldens these keywords. This makes for a more relevant ad that leads to a higher CTR.

Add a display URL that is keyword rich

While it’s the simplest hack of the three, editing the display URL is still a commonly unused tactic. Simply add your keyword at the end of the display URL, or with the new ETA’s, add a path with relevant terms.

In the same ad copy by Best Buy, we can see that they’ve at least made the effort to add the brand Apple in the URL. One thing they could do is add an extra path so there display URL reads www.bestbuy.com/apple/iphone7 – this solidifies relevancy in the user’s eyes.

Apply the trifecta today

While these tactics are more so supporting factors to what should be well written ad copy – they’re a sure-fire way to improve the quality of your ads. Your ad copy still needs to be descriptive and utilize a CTA, but by applying these changes – which you can do within an hour – you can expect to see those percentages rise. Even if it’s only a 1% lift in CTR, you must remember that the slightest increases, especially when dealing with large traffic volumes, can make a massive impact on your account performance.


josel solas

josel solas

2011年、オーストラリア国立RMIT University(ロイヤルメルボルン工科大学)卒業。現地のネット広告会社Bizcatalystで本格的にリスティング広告、SEOに携わるなどネットマーケティング全般に強みを持つ。2015年よりプリンシプルに参画。


> の記事一覧

サイトリンク改善につながるデータ
2016.7.29

AdWords、サイトリンクの改善につながるデータの見方とは?

著者:
Yahooスポンサードサーチのサイトリターゲティング設定方法
2016.2.12

Yahooスポンサードサーチのサイトリターゲティング設定方法

著者:
二階堂_アイキャッチ
2016.7.1

PPC HERO 翻訳:Excelを使った検索クエリレポートの分析方法

著者:
paddleTD
2016.3.31

リスティング広告のクラウド型広告文作成ツール『Paddle TD』を使ってみた!

著者:
開発秘話
2016.3.30

日本初のクラウド型広告文作成ツール「Paddle TD」の誕生秘話

著者: