BLOG ブログ

PPC

【2019年新管理画面】LinkedIn広告のキャンペーン設定、広告入稿

2018年11月、LinkedIn広告の管理画面が一新されることが発表されました。
https://business.linkedin.com/marketing-solutions/blog/linkedin-news/2018/linkedin-introduces-public-beta-of-objective-based-advertising-i
2019年1月時点の管理画面では、「2019年2月より、(中略)従来のキャンペーンマネージャーにはアクセスできなくなります。」とアナウンスされています。

本記事では新管理画面にてキャンペーンの設定、広告の入稿する方法をご紹介します。

新管理画面広告フォーマットの特徴

従来はキャンペーンを作成すると、↓画像のように広告フォーマット「スポンサードコンテンツ」「ダイナミック広告」「テキスト広告」「スポンサードInMail」を選択することができました。

一方、新管理画面は目的を選択する必要があり、目的に応じて使用できる広告フォーマットが変わります。

オーディエンスのプロフィール言語を「日本語」、場所を「日本」とすると、130万以上のオーディエンスにリーチできること、右側に表示される「推定オーディエンス」よりわかります。

2019年1月時点では、目的「ウェブサイト訪問」を選択すると最も多くの広告フォーマットを使用することができます。テキスト広告、シングルイメージ広告、カルーセル画像広告、動画広告、フォロワー広告、スポットライト広告、求人広告、メッセージ広告の8種類が現在実装されている広告フォーマットとなります。

LinkedIn広告成功事例(https://www.principle-c.com/column/ppc/successful-linkedin-ads/)を執筆した時点では、スポンサードコンテンツやスポンサードInMailという区分となっていましたが、ニュースフィードに表示することのできるスポンサードコンテンツはシングルイメージ。カルーセル、動画..と認知させたい情報に応じて多様な見せ方をできるようになりました。メッセージ広告が従来のスポンサードInMailの役割を果たしており、ターゲットとなるユーザーのLinkedInメッセージボックスに広告を配信することができます。

広告の入稿

従来のスポンサードコンテンツはテキスト文と画像を設定することができ、それがニュースフィードに表示されていました。

従来のスポンサードコンテンツとして設定していたものを、新管理画面の「シングルイメージ広告」として設定していきます。キャンペーン設定が終わると、ステップ2「広告を設定する」画面に遷移します。

「広告を新規作成する」をクリックすると、次のような画面となります。

広告名、紹介文、リンク先URLなど必要な情報を入力すると、「作成」ボタンをクリックできるようになります。

広告作成後、「プレビュー」を選択することでデスクトップ、モバイルでどのような見栄えとなっているか確認することができます。

問題なく設定したつもりでも、モバイルで見た場合にテキストが表示されてしまっていたり、画像が見切れてしまっている場合があります。配信設定をオンにする前にプレビューを行い、必要に応じて修正を加えましょう。

使用したい広告の調整が終了したら、「キャンペーンを開始」しましょう。

所感

従来の管理画面と比較して、初見での入稿が比較的容易に行えるようになった印象があります。スポンサードコンテンツの入稿を例にすると

カメラアイコンから画像を追加すると次のようになります。

一見問題ないように見えますが、この状態だとニュースフィードに表示される広告の画像部分をクリックしても画像が拡大表示されてしまい、リンク先ページにアクセスすることができないため、興味を持ったユーザーを取りこぼしてしまう可能性があります。正しく設定するにはURLのみ先に入力した後、

広告文を入力する必要がありました。

なかなか初見では気づきにくい点であったため、このあたりのユーザービリティが解消されたのはとてもうれしいアップデートだと感じました。

おわりに

今回ご紹介したのはあくまで2019年1月時点(BETA版)の情報となります。本記事をご覧いただいている時期によっては入稿方法が変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

デジタルマーケティング戦略、Web解析、SEO、リスティング広告、Facebook広告、Linkedin広告、Tableauでのデータビジュアライズなどなど、何か弊社でお役に立てそうなことがございましたら、お気軽にご相談ください。ご相談は無料で承っております。
ご興味のある方はこちらよりお気軽にお問い合わせください。
こちら(https://www.principle-c.com/contact/

プリンシプルでは業界最高レベルの専門家として一緒にご活躍いただける方を募集しています。詳しくはこちら。
こちら(https://www.principle-c.com/recruit/

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP