BLOG ブログ

PPC

Google広告URLパラメータの設定方法

はじめに

Web広告を運用し成果を改善していく上では、URLパラメータの設定が推奨されます。

パラメータが必要となってくるシチュエーションとしては、各媒体の管理画面で成果を確認するのではなく、Google Analyticsをはじめとする計測ツールやMAツールなどで広告経由の成果を計測するためです。

Google広告は多くの場合Google Analyticsと自動連携させているため、URLパラメータを設定する必要がありません。しかし、Google Analytics以外の解析ツールを使っている場合などにおいて、URLパラメータの設定方法が重要となってきます。

今回はWeb広告運用の初心者がつまづきやすい、URLパラメータの設定方法をお伝えします。

パラメータとは

情報をサーバーに送るときにURLへ付け加える変数のことを指します。

URLの”?”以降がパラメータにあたります。

URLパラメータにはアクティブパラメータとパッシブパラメータの2種類があります。

アクティブパラメータ

パラメータの値によって、別のコンテンツが表示されます。

ECサイトなどで見受けられます。

パッシブパラメータ

パラメータの値が違う場合でも、同じコンテンツが表示されます。

例えば、トラッキング用のパラメータなどが挙げられます。

Google広告でパラメータのオススメの入れ方

Google広告にてURLパラメータに関連する項目としては以下の3つが挙げられます。

  1. トラッキングテンプレート。
  2. カスタムパラメータ。
  3. 最終ページURLのサフィックス 。

それぞれの項目の使用方法や使用するシチュエーションを説明します。

Google広告URLパラメータの設定方法

【図1】Google広告管理画面上の設定ページ

Google広告URLパラメータの設定方法

【図2】エディタ上の設定ページ

①トラッキングテンプレート

使用するタイミング:リダイレクト型の外部計測ツールを使用する場合やユーザーにパラーメータを見せたくない場合

:最終ページURLは
https://www.example.com だが、外部計測ツールで
https://www.tracking.com?xxx=abc というトラッキング用のURLが発行された。

設定方法:最終ページURL:https://www.example.com
トラッキングテンプレート:https://www.tracking.com?xxx=abc

②カスタムパラメータ

使用するタイミング:キャンペーンや広告グループごとに異なるURLパラメータを設定する場合

:最終ページURLに対して、キャンペーンごと、広告ごとに任意のパラメータを設定する。

最終ページURL:https://www.example.com?campaign={_campaign}&content={_content}

    カスタムパラメータ
  • キャンペーンのURLオプションに {_campaign}=001
  • 広告のURLオプションに {_content}=text01

※この場合、クリック後のURLは
https://www.example.com?campaign=001&content=text01

Google広告URLパラメータの設定方法

【図3】カスタムパラメータ 設定方法

上記の例の場合、キャンペーンごとのパラメータは図3のように設定します。

トラッキングテンプレートを設定するメリットとしては、パラメータがついたURLを直接最終ページURLに入れるより、入稿が楽になります。

ただし1点注意が必要です。Google広告の自動タグ設定をオンにしている場合、Google Analyticsと自動的に連携されます。その際に、utmパラメータを入れている場合、自動で連携されたキャンペーンとutmパラメータで設定したキャンペーンを一致させることができません。自動タグ設定がオンの場合、utmパラメータについてはカスタムパラメータで設定しないことを推奨します。

③最終ページURLのサフィックス

使用するタイミング:最終ページURLの末尾にパラメータを追加する場合

:動的検索広告のため最終ページURLはわからないが、
最終ページURLの末尾に xxx=abc というパラメータを追加したい。

最終ページURLのサフィックス:xxx=abc

Google広告URLパラメータの設定方法

【図4】最終ページURLのサフィックス 設定方法

最終ページURLのサフィックスは動的検索広告など最終ページURLが決まっていない広告で大活躍します。

例えば、トラッキングテンプレートを用いて、xxx=abc というパラメータを設定する場合

{lpurl}?xxx=abc

とトラッキングテンプレートに設定するかと思いますが、最終ページURLに既にアクティブパラメータが設定されていた場合、

https://www.example.com?yyy=001?xxx=abc

となり、1つのURLの中に”?”が2つ入ってしまうことになります。

通常、複数のパラメータをつなげる場合、”?”ではなく”&”を用います。

しかし、トラッキングテンプレートを

{lpurl}&xxx=abc

と設定すると、アクティブパラメータがついていないページが最終ページURLをなった場合、パラメータが働かず、最終ページURLがない状態、つまりリンク切れになります。

このような場合、最終ページURLのサフィックスを使用することで、”?”や”&”を考慮し、設定する必要がなくなります。

Yahooスポンサードサーチについても、カスタムパラメータやトラッキングテンプレートの使用方法はGoogle広告とほとんど変わりませんが、2019年4月時点では最終ページのサフィックスのみ設定できません。

終わりに

トラッキングテンプレート・カスタムパラメータ・最終ページURLのサフィックスの違いや使用方法がわからず、最終ページURLにパラメータがついたURLをそのまま設定している方がいれば、この3つの違いやそれぞれの特徴、使用方法を知ることで、正確性と効率性が高まります。入稿の手間が省け、また、トラッキング漏れがなくなります。

特に最終ページURLのサフィックスの存在を知ることで、動的検索広告やPLAでパラメータを設定できるようになり、外部計測ツールを使用しているアカウントも間違えずに入稿・運用できるようになります。

この記事で少しでもWeb広告初心者の方々のお役に立てたなら幸いです。

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください

お問合せ メルマガ登録 資料DL

TOP