PPC


2016.7.29

AdWords、サイトリンクの改善につながるデータの見方とは?

サイトリンク改善につながるデータ


AdWordsで、メインTD(タイトル15文字、広告文19文字×2)の表示回数やクリック数などのデータを見ることができます。サイトリンクの掲載結果もまた、管理画面から確認できます。今回紹介する方法をもとに、みなさんもサイトリンクを改善してみてください。

なぜサイトリンクの掲載結果が大事なのか

広告の掲載順位は、広告のパフォーマンスに依存し、サイトリンクは、広告パフォーマンスに影響を与える項目のひとつです。ちなみに、Googleの広告掲載順位が決まる仕組みについてご存知でしょうか。Googleのヘルプを見てみましょう。

“広告の掲載順位は、オークションでの広告ランクによって決まります。広告ランクは、入札単価、品質スコアを決定する各要素(推定クリック率や広告の関連性、ランディング ページの利便性)、そして広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果に基づいて算出される指標です。”

(引用元:広告の掲載順位とランクの仕組み)

ヘルプに記載されている通り、広告ランクの一要素として、「広告表示オプションの見込み効果」が挙げられます。広告表示オプションの一つであるサイトリンクを改善することで、広告ランクが上がるため、サイトリンクを見直すことは非常に大切です。

サイトリンク掲載結果の確認方法

早速、サイトリンクの掲載結果を見ていきましょう。AdWordsにログインし、
① タブ一覧から、「広告表示オプション」を選択
② 表示項目から、「サイトリンク表示オプション」を選択
③「分割」を選択

画像A

すると分割項目の中に、「クリックタイプ」と「この広告表示オプションとその他」の項目が出てきます。これらの2項目を選択することで、サイトリンクの掲載結果のデータを見ることができます。
まずはクリックタイプから見ていきましょう。

画像B

クリックタイプの掲載結果

クリックタイプを選択した時に、どのようなデータを確認できるのか見ていきましょう。クリックタイプを選択すると、
・サイトリンク掲載内容(このブログでは、サイトリンクAと呼びます)
・広告見出し
・サイトリンク
といった形で、データを見ることができます。

画像C

各行で、どのようなデータを表しているかを見ていきましょう。

サイトリンク掲載内容(サイトリンクA)

表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数については、「サイトリンクAが表示された時に、広告がクリックされた数」を表しています。サイトリンクAがクリックされた数ではないので、ご注意ください。

広告見出し

表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数は、サイトリンクAが表示された時に、
メインのTD(タイトル15文字、広告文19文字×2)がクリックされた時のデータを表しております。

サイトリンク

表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数は、サイトリンクAが表示された時に、
サイトリンク(サイトリンクAや他のサイトリンク)がクリックされた数です。サイトリンクAだけがクリックされた数ではないので、ご注意ください。

クリックタイプの分割データでは、メインTD(タイトル15文字、広告文19文字×2)とサイトリンクのデータを分割して、見ることができます。その一方で、個別のサイトリンク結果(サイトリンクAの結果、サイトリンクBの結果、サイトリンクCの結果)といった形では、データを見ることができません。

この広告表示オプションとその他

では、個別のサイトリンク結果を見たい時は、どうすればいいのでしょうか。これは、「この広告表示オプションとその他」からデータを確認することができます。

画像D

AdWordsの「分割」から、「この広告表示オプションとその他」を選択すると、
・サイトリンク掲載内容(このブログでは、サイトリンクAと呼びます)
・この広告表示オプション
・その他
の3種類に分けて、データを見ることができます。

画像E

各行で、どのようなデータを表しているかを見ていきましょう。

サイトリンク掲載内容(サイトリンクA)

これは先ほど「クリックタイプ」の分割で紹介した「サイトリンク掲載内容」と同じです。
表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数については、「サイトリンクAが表示された時に、広告がクリックされた数」を表しています。「サイトリンクAがクリックされた数」ではないので、ご注意ください。

この広告表示オプション

表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数は、サイトリンクAがクリックされた数を表しています。

その他

表示回数は、サイトリンクAが表示された数です。クリック数は、サイトリンクA以外の場所が、クリックされた数を表しています。具体的には、メインTDやサイトリンクA以外のサイトリンクがクリックされた数です。

みなさんも、「クリックタイプ」と「この広告表示オプションとその他」のデータを元に、
サイトリンクを改善してみてください!


久保芳樹

久保芳樹

2011年大阪大学工学部卒業。2013年大阪大学大学院、修了。2013年よりプリンシプル社に参画。解析を経験した後に、リスティング広告担当となる。Google アナリティクスを元にリスティング広告だけではなく、Web戦略立案、サイト改善の提案も行う。担当クライアントでは、資料請求数を2倍に増やすことに成功。


> の記事一覧

eyecatch-ppc33
2016.3.28

簡単なようで難しい!リスティング広告文のA/Bテスト結果の判断方法

著者:
二階堂_アイキャッチ
2016.7.1

PPC HERO 翻訳:Excelを使った検索クエリレポートの分析方法

著者:
開発秘話
2016.3.30

日本初のクラウド型広告文作成ツール「Paddle TD」の誕生秘話

著者:
20161011_n
2016.10.11

ペルソナ×カスタマージャーニーマップでSEMを最適化

著者:
20161003_t
2016.10.4

AdWords、CPA改善につながる検索クエリ(検索語句)の見方

著者: