業種:メディア事業、マーケットプレイス事業、ソリューション事業

URL:http://aucfan.com/

課題

長期的なユーザーの獲得、社内で良いマーケターを輩出する仕組み

施策

  • 社員向けのGoogleアナリティクスセミナーを定期開催
  • LP制作プロジェクトを実施

結果

  • 社員が主体性を持ち、分析を行う文化が生まれた。
  • 結果、有料会員の獲得率が1.5倍に。

有料会員の獲得率が1.5倍に!チーム一丸となってLP制作に取り組む企業を木田がサポート

――まず、オークファン様の事業内容をお伺いできますか。
国内eコマース市場の買い手、売り手の双方へ価格の比較・分析など、あらゆる商品に関する正確でフェアな情報が収集できる「aucfan.com」を運営し、買い手、売り手双方で月間1,200万ユーザーが来訪と、国内最大級の規模を誇っています。昨今は、インターネット上の卸・仕入れ情報を提供するBtoB向けサイト「NETSEA(ネッシー)」を運営する株式会社SynaBizをグループ会社化するなど、事業拡大をすすめています。

――事業面でどのような課題がありましたか。
リピーターの増加が最優先でしたが、一方、事業拡大で新たな課題が見えてきました。
「aucfan.com」のミッションとしては、Webサイトの<長期的>なユーザー獲得、アクティブ率の向上、リピート率の向上ということを考えていました。特に、長期的なユーザーとなると、ユーザーがサービスをはじめて利用しようとしたときの体験で大きく左右されることがあると考えており、はじめてのユーザー体験をした後にも戻ってきてくれるようなサイトと仕組みを作るということを、常に念頭に置いていました。
事業拡大が進んでいることから、今後はグループ会社にも活かしていけるようなデータ基盤の構築・WEBマーケティングノウハウの共有化など構造的な仕組みを作る必要があり、社内の事業担当者の知見を蓄え、社内で良いマーケッターが輩出される仕組みを作っていくことが重要と考えていました。

――サービス導入後、どのような変化がありましたか。
オークファンが考える成果としては、まずは「会員獲得率(CVR)の向上」と「最短期間で最高の成果に到達するPDCAサイクル」の2点でありました。これを実現するLPを目指して、オークファン社内にてLP制作のコンテストを実施しまして、プリンシプルさんに客観的な立場からアドバイス・教育を行っていただき、結果、有料会員の獲得率が1.5倍という結果に導くことができました。
御社副社長の木田様が講師として社内セミナーを定期的に実施してくださいました。GAのスペシャリストとしてはずば抜けた知見を持つ木田様にアドバイスを受けたことが社員へのよいカンフル剤になったようです。

これまで目には見えなかった「重要な指標」が「見える化」することで得られたこと、学んだことがあります。

――サービス導入後、どのような変化がありましたか。
オークファンが考える成果としては、まずは「会員獲得率(CVR)の向上」と「最短期間で最高の成果に到達するPDCAサイクル」の2点でありました。これを実現するLPを目指して、オークファン社内にてLP制作のコンテストを実施しまして、当社は客観的な立場からアドバイス・教育を行い、結果、有料会員の獲得率が1.5倍という結果に導くことができました。
御社副社長の木田様が講師として社内セミナーを定期的に実施してくださいました。GAのスペシャリストとしてはずば抜けた知見を持つ木田様にアドバイスを受けたことが社員へのよいカンフル剤になったようです。

社員が主体性を持って自分なりの分析を行い、個々人の考えを発表する。
そんな「文化」が芽生え始めています。

――木田が着目した点はどのあたりでしたでしょうか。
全メンバーの半分が新卒出身者というなかでの事業拡大ということもあり、サービスだけではなくてチームの強化ということも重要でした。そこで、「全てのメンバーが自律的に、データに基づいた意思決定、企画提案ができるよう、全社を貫く統一的なデータ分析基盤を整備することが必要」とアドバイスいただきました。担当者をいかに活用するか、ということもデータ解析には不可欠ということを再認識することができました。

その他新着の実績